スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市政ウオッチ 安曇野ブランド推進、観光施策のおろかさ 4

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html

安曇野の風景安曇野市・光城山からの北アルプス眺望

安曇野市・光城山からの北アルプス眺望
13/03 2290px x 600px 【497kb】の大きな画像が開きます。
スクロールバーでスクロールして、ご覧ください。

安曇野市政を考える お役所仕事 その4
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html
↑この記事が今まで一番拍手をたくさんいただけましたが、

↓この記事が一番になっていました。
安曇野市政ウオッチ 安曇野に原風景なんてないのに
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-77.html

松本に「バックパッカーの宿」-古民家改装、若手経営者が共同運営 /長野
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000047-minkei-l20
上記記事が見られない場合は、↓web魚拓
http://megalodon.jp/2013-0308-0102-22/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000047-minkei-l20
少し前に、こんな記事がありました。

松本市は、学都・楽都・岳都

平成の市町村合併は、南安曇群内の町村の混乱により、バカな旧穂高町の住民投票の影響で、貧乏でごみのような旧明科町を迎え入れて安曇野市に。
北アルプスの名峰を有する安曇村を吸収合併し、それまでは美ヶ原程度しかなく、岳都とは恥ずかしくて言えなかった松本市は、これにより、まさに岳都となったのです。

松本市の中心部はかつての城下町で、松本駅前から松本城にかけて、コンパクトにまとまっています。
車やタクシー、電車やバスなどの交通機関を使わなくても、歩いてまわる事ができます。
散策しながら、大名町、六九、西堀、縄手などの旧町名の石柱表示は、見るだけでも風情を感じます。
松本城近くの「蔵の町・中町商店街」は、一時は閑散とした時期もありましたが、現在では松本市内観光の、重要な見所の一つとなっています。
信州・松本「中町商店街」
http://www.mcci.or.jp/www/nakamati/

さらに、古民家再生プロジェクト「豊人会」により、バックパッカーが気軽に泊まれる宿ができたとのことで、こんな記事を見ると、地元の人間でも泊まってみたくなります。

さて、安曇野市では?

『なお、安曇野市内で「おひさま」のロケが行われた場所には。現在記念の標柱を設置させていただいております。』
こんなふざけた標柱に、いったいいくらの無駄金をかけたのか?
しかも、国営アルプスあづみの公園の施設は3月17日までしか残らない。

本来は、原風景として残っていて欲しい、茅葺き屋根の民家集落は残っていない。
殆どの農地はほ場整備されてしまい、のどかな田園風景も残っていない。
山岳観光資源の大部分は、松本市になってしまった。

松本市と安曇野市のこの違いはどこにあるか?
それは、行政のトップ、行政の職員、そしてそれらを管理・監督すべき議員にポリシーが無かったから。

そして、現在の安曇野市は、いまだ前述のような、
ポリシーの無い3バカトリオで安曇野市の市政運営をしています。

安曇野市観光振興ビジョン(案)「3-2.5つの基本戦略と施策体系」
何回も繰り返しますが、こんな案なんか、何回作っても同じ。
アホな安曇野市職員には、餅を絵に描くだけ。
そして税金を無駄遣いするだけで、遂行能力はありません。

皆さん、安曇野市観光課に、電話で問い合わせてみてください。
 ・日本の原風景はどこにあるのか?
 ・安曇野の原風景はどこにあるのか?
 ・渇いた心の潤いは、どこで取り戻せるのか?
 ・お勧めの観光コースは?

安曇野市観光課 電話は0263-82-3131
課長は   曽根原 悦二氏
課長補佐は 赤羽 敦子氏
係長は   高山 一郎氏 です。

対応は、多分お粗末そのものでしょう。

上高地や槍・穂高を始め、北アルプスの名峰が安曇野市だったら。
安曇村や梓川村がが安曇野市だったらと、悔やまれてなりません。



↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング


コメントの投稿

非公開コメント

安曇野ってバカだよね!

私もブランド推進室の幹部には散々言って来た事ですが、何で安曇野を売るくせに観光客様方がお金を安曇野に気持ち良く置いて行くシステムにしないのか?

ハッキリ言って観光客が気持ち良くお金を使わせないから負担は市民に回って来ます。

だから観光客への受け入れ体勢が悪いから改善しろと言い続けて来ました。

ブランド推進室の言い訳は『予算が無い』『予測してなかった』『後でやろうと思った』等、言い訳ばかりです。

昼寝ばかりしてないでちゃんと働け!
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon