スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 穂高の街では初パレード

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

地域の元気へ商店企画

安曇野市の提灯記事専門新聞、「第二の広報安曇野」市民タイムスには、安曇野で行われたハロウィンが、一面に載っていました。


日本人が「ハロウィン」とか騒ぎ出したのは、いつ頃からなのでしょう?
この時期、ワインの「ボージョレーヌーボー解禁」とかってのもあったりで、毎年毎年、同じような話題の報道には、いささか辟易します。
クリスチャンでもないのに、クリスマスやハロウィンと、意味も知らずに大騒ぎ。
日本人はなぜ、これ程までにバカになりきれるのでしょう?

日本人ならワインではなく、日本酒の新酒の話題でなければならないのではないか?


流行に左右されやすく、ハロウィンの起源も知らずに、単に仮装パーティー感覚で騒ぎまくる。

ハロウィンの説明で良く見るこの言葉
「 Trick or treat!(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうよ) 」

この原文には、”お菓子”なんて単語はどこにもないし、”いたずら”なんて適当な解釈をする。
ちょっと違うんじゃないのかと思うんだけど、日本人はこんな曲解を真に受けて喜んでいるってのは、私からすると悲しい限り。

http://blog.english-speaking.jp/entry/2014/10/10/135040
あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味・ニュアンスとは…
http://blog.english-speaking.jp/entry/2014/10/10/135040

archive.is
https://archive.is/gLNV6

ハロウィン
だいぶ前に働いていた職場のアメリカ人女性
私は、その人から初めて聞いたような気がします。
ハロウィンだからと、故郷から送ってもらったというお菓子の「リコリス」
それをもらって食べた記憶がありますが、真っ赤なローソクをねじったような、とにかくクソ不味いお菓子。

私はお世辞が言えない人間なので、「こんな不味いお菓子が、あんたには美味しいのか?」と聞くと、「子供のころから親しんだ味で、とても美味しい」と言う。
その時一緒にもらった「ジェリービーンズ」
これもまた、日本人の味覚からすると、とてもじゃないが食べる気がしない、ゴミ箱に捨てたくなるような味だったけど、仕方なし食べた。

アメリカなんぞに生まれなくて良かったと、その時つくづく感じました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441292394
日本人でリコリスが口に合う方っていますか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441292394

安曇野の皆さん、ハロウィンじゃなく、新米、新そば祭りを!
そしてワインは飲まずに日本酒を飲みましょう。

池田町の「大雪渓」
こんな美味しい日本酒は、安曇野で一番です。
そして長野県で一番です。
日本で一番かと言うと、???ではありますが.....

日本酒の新酒、地酒の大雪渓で祝いましょう!








↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon