スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿がライチョウ捕食

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

北アで確認研究者「調査と対策急務」
猿がライチョウ捕食  北アで確認研究者「調査と対策急務」猿がライチョウ捕食 北アで確認研究者「調査と対策急務」
地球温暖化の影響などで絶滅の恐れがある国指定特別天然記念物ニホンライチョウのヒナを、ニホンザルが捕食した様子を中村浩志信州大学名誉教授らが北アルプス南部の東天井岳(2814㍍)付近で確認し、31日に発表した。ライチョウの個体数減少に拍車を掛けている恐れがあるとして、登山者による猿の追い払いといった対策の必要性を指摘している。
県の受託事業でライチョウの生息実態調査をしている中村名誉教授と東邦大学の小林篤研究員が8月31日に目撃した。標高2800㍍の登山道近くにいた20頭以上の猿の群れの中の1頭が、親鳥と一緒にいた2羽のライチョウのヒナに近づき、1羽を手で捕まえて口にくわえて逃げ、別の2頭の猿がそれを奪おうとするような動きをしたという。
中村名誉教授によると昨年夏には今回の場所の近くで猿がライチョウのヒナを食べる様子を登山者が撮影し、インターネット上に動画を投稿したが、研究者が確認したのは初めて。
県庁で記者会見した中村名誉教授は「周辺では(猿による捕食が)かなり広がっていると判断している。調査と対策が早急な課題だ」と述べた。ニホンザルは近年、狩猟者の減少などで個体数が増え、餌を求めて高山帯に上がる群れが北アルプスや南アルプスで増えているという。
県は、猿が人聞を恐れなくなったことで登山道が通る高山帯の稜線付近に移動し始めた背景もあるとして「捕食の実態調査とともに投石などによる追い払いが可能かどうか環境省と協議したい」としている。ライチョウの国内生息数は推定で1980年代は約3000羽だったが、2000年代は2000羽弱に減った。(渕上健太)
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

この記事にはビックリです。
カモシカや熊は見かけますが、ニホンザルの生息域が高山まで広がっているとは.....
しかも雷鳥の雛を捕食


自然保護団体のバカどもは、野生動植物は何でもかんでも保護しろ、保護しろと.....
放置することが自然のままで、それが自然保護だと勘違いしている。
いい加減にして欲しいですね。

安曇野西部の幹線道路、通称「山麓線」から西山を見ると、猿の防護策が設置されている地域がありますが、こんな状態になってもまだ、保護しなきゃいけないんですか?

安曇野市の北朝鮮、垢シナ地域の松食い虫被害による松枯れは、とてもじゃあないけど悲惨な状態になっています。

それなのに、空中散布には反対だというバカ安曇野市議もいる。
何を考えて反対をしているのか.....
健康被害?
環境汚染?
冗談じゃあありません。

仮に、多少の健康被害や環境汚染があったとしても、こんな悲惨な状態になる前に手を打つ必要があった。
なのに、これだけの被害拡大。
仮に何かやったとしても、結果がこれなら何もしなかったのと同じ。

これは、行政の職務怠慢
安曇野市職員は仕事のやる気が無いことと、安曇野市議会が、能なし安曇野市職員の指導監督をせず、野放し状態で放置しているからです。


野生鳥獣による農作物被害は、作物自体の被害を金銭に換算したら、一時的被害はいくらでもないかも知れません。
しかし、農作物を作った人の、心の被害は金銭には換算できません。
被害が長期に繰り返されれば、耕作意欲を失い、里山だけではなく、荒廃が農地まで広がってきます。

猿なんか、猟友会にある程度高い委託料を払って、出てきた猿をはじから撃ち殺せば良かった。
そうすれば、電気柵なんか設置しなくても良かった。
電気柵の管理だって、バカにならないでしょうに。

ニホンザルなんか徹底的に駆除して、かつてのカモシカのように、天然記念物に指定されるくらいに激減させれば良かったんです。

空中からヘリコプターで、猿のいる場所に毒リンゴでも撒いてやればいい。
或いは、生殖ホルモンを減退させるような、薬剤混入エサを食べさて、小猿が生まれないようにする。
しかし、もう遅いですね。


安曇野市議で、松食い虫防除の空中散布に反対したり、猿駆除に反対するバカ市議は何人いるのですか?
小林じゅん子氏
増田望三郎氏はどんな意見だったのか、今度調べてみましょう。

強酸党安曇野市議団?
そんな死議連中は、何でも反対だから調べる価値なし。
どうでも良いです。


人間は神から、地球上の動植物の管理責任を負わされました。
人間は、管理責任を果たすべきです。







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

電気柵に囲われて

ホント、どっちが飼われてるのかわからなくなります(笑)

猿もついに肉食ですか!

私の区も今年中?には電気柵を設置して国営アルプスあづみの公園里山文化ゾーンの開園に合わせる様です。
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon