スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 初のマラソン地域で応援

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

のぼり旗作製や沿道清掃
初のマラソン地域で応援 のぼり旗作製や沿道清掃初のマラソン地域で応援 のぼり旗作製や沿道清掃
安曇野市の市制施行10周年を記念し、市豊科南部総合公園を発着点にして7日に行われる「第1回信州安曇野ハーフマラソン」の開催を応援しようという地域の動きが広がっている。沿道の住民が走り抜けるランナーを応援したり、事前に景観を整えたりする区がある。市は「地域での盛り上がりはありがたい」と歓迎している。
延べ4カ所のルートが設定されている豊科地域の本村区(小林紀之区長)ではのぼり旗100本を作り、沿道に住民が出て応援する。区やPTA、趣味のサークルなど13団体が参加しており、各団体の代表者がこのほど本村コミュニティセンターに集まり、当日の段取りなどを決めた。
区のシンボルカラーの紫色の地に白い字で「ようこそ!安曇野市へ」「本村区」と書いた旗は、市の補助金を活用して調達した。来年以降も応援を続ける考えだ。発案した地元の親睦団体「本村勤労協」の福島主税会長は「ランナーにここは本村だと知ってもらえば、再び訪れてもらえるのではないか」と期待する。小林区長は「区民一丸の応援は、区の一層のまとまりにもつながる」と説明する。
豊科地域の成相区にも、新調した区名を書いたのぼり旗を目印に区民が集合し、みんなで応援しようという計画がある。重野義博区長は「安曇野の良さを知ってもらうために、ランナーに声を掛けたい」と話す。三郷地域の中萱区では2月に、地元の造園業者や区長らがコース沿いの「じてんしゃひろば」の立木の枝払いなどをした。ランナーに「ひろば」から見える北アルプスの景観を楽しんでもらう目的もあるという。(小坂功
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。


http://azumino-marathon.com/
第1回信州安曇野ハーフマラソ
http://azumino-marathon.com/

archive.is
https://archive.is/I5qbN



http://azumino-marathon.com/map/index.html
コースマップ|第1回信州安曇野ハーフマラソン
http://azumino-marathon.com/map/index.html

archive.is
https://archive.is/YJlmc

安曇野マラソンなんて、あまり興味なかったので見たこと無かったのですが、コースマップみて、「何これ!?」と思いました。

なんでこんなところを、わざわざ走らなければならないのか、不思議なコースです。
しかも、こんなところを、金を払ってまで走るって、信じられません。

大規模農道は、走ったり横切ったりには使わないのですね。
これは想像ですが、警察から許可が下りなかったということでしょうか?


こんなコースを無理矢理考えるのなら、拾ヶ堰沿いのサイクリングコースを活用するとか、スイス村あたりの田園地帯を2周して距離を稼ぐとかした方が、よほど魅力的な感じがします。
繰り返しますが、地元の人間がみれば、「なんでこんなところを、こねくり回して走るんだ?」ってのが正直な感想だと思いますよ。



>発案した地元の親睦団体「本村勤労協」の福島主税会長は「ランナーにここは本村だと知ってもらえば、再び訪れてもらえるのではないか」と期待する。

バカだよね。
「本村」って知ってもらったら、再び訪れてもらえるかもって、そんなことあるわけないのに無駄金使って、しかも安曇野市からの補助金も使ったとのこと。
名前を覚えてもらっただけで、人が再び来るんなら、観光行政は誰も苦労しない。
『インターチェンジの名称を「豊科」から「安曇野」に変えたら、経済効果10億円』と同じような、ありもしない嘘を平気でつく、安曇野市合併10周年記念マラソン

安曇野市の中でも本村には、垢シナに続いてバカが多いってことですかね。
先ごろ供用開始された「ラウンドアバウト」の愛称が「本村円」(ほんむらまどか)だって報道されていましたが、安曇野市堀金・中堀地区と豊科・本村地区の境界のような気がするのに、「本村」しか名前に入っていない。
本来なら「中堀」と「本村」で「中村円」とか「中本円」が、適当じゃないのかなと考えるのは私だけ?
こんなのを、愛称で呼ぶのは役所の人間だけで、安曇野の一市民に、愛称で呼ぶバカはいないと思うけどなあ。







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

コース許可の問題なのでしょうか?

単に行って帰って来るだけのコースで安曇野を1週する様なコースではないのですね。

これじゃあ、単なるイベントなだけの実績作りで、参加者に安曇野の良さを知ってもらいたいと言った安曇野のPR的な考えは無さそうですね。

単なるマラソン馬鹿の集まりの大会であり、最大の目的を失っているようにしか感じられません。

主催側も面倒な事はしたくないと言った思惑さえ感じてしまいます。

たしかに。

「市役所新本庁舎落成記念」なのに本庁舎の横すら通らないコースですからね。
このコース選定はプレ大会の時よりも悪化してますよ。
労金から陸橋・デリシアあたりの成相交差点から生協・とをしやあたりまではほぼ半日商売あがったりです。今回のコース選定、北アルプスの山並みがかろうじて見える程度のコース。安曇野らしさなし。まったくもって意味わかりませんね。

私のネット環境だけでしょうか?

市のホームページを開くとセキュリティに問題が有ると警告して来ます。

市のホームページはウイルスでも入ってるのでしょうか?

職員はウイルスみたいなのばかりですがね(嘲笑)
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon