スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 政務活動費問題

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

安曇野署に告発 松本平オンブズマン
政務活動費問題 安曇野署に告発 松本平オンブズマン政務活動費問題 安曇野署に告発 松本平オンブズマン
安曇野市議会にあった会派・信政会が視察旅行の経費に充てた政務活動費の支出が違法だとして、松本平市民オンプズマンの久保田耕司さん(67)が25日、安曇野警察署に告発状を出した。同会派で幹事長を務めた召田義人氏を詐欺罪に当たるとして訴えた。
告発状は、信政会が平成26年2月に行った視察旅行の費用の中に公費である政務活動費を充てられない部分があると承知の上で、旅行会社に架空の領収証を出させ、市から公費を詐取したとしている。
久保田さんは「地方議員の政務活動費の使途が全国的な問題になっている。税金の無駄遣いを追及したい」と説明した。政務活動費の使途を明瞭にするための手段を検討する中で、告発に踏み切ったとしている。
召田氏は取材に「マニュアルに沿い、議会事務局の助言も受けて適正な処理をしてきたと考えている」とコメントした。
(小坂 功)
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

松本平市民オンブズマンが今頃になって、再び政務活動費を追求ですか。

こういった組織は、安曇野市の新庁舎建設問題もそうですが、行動を起こすのが遅すぎ。
泥縄もいいところです。

賞味期限切れの問題を蒸し返して追求は良いけれど、そんなこと安曇野市民の大半はもう忘れています。
安曇野市民は、安曇野市政運営についてはあまり関心がなく、関心があってちょっと不満があっても、「まあ役所のやることだで言っても無駄、しょうがねえせ、お役人様だでね。」と、
時代錯誤も甚だしい市民感覚で、水に流すのが上手といえば聞こえが良いですが、なすがまま、成されるがままで、全くお感じがありません。
「右の頬を殴られたら左の頬を差し出せ」と、新約聖書内『マタイによる福音書』第5章に登場する、有名なイエスの教えを忠実に守る、神様みたいな市民が大半なんです。


余談はさておき、松本平市民オンブズマンは、ステゴザウルスレベルで反応が遅すぎ。

恐竜は反応が遅く、
 尾を踏まれても気づくのに時間がかかった?


http://www.dino.or.jp/dino_m/d_faq/faq0501.html

最近の説は違うようですが、私が子供の頃に勉強したステゴザウルスのイメージはとにかく鈍感。

しっぽ踏まれても、時間が経って痛みを感じて気がついて、ようやく対処するようなステゴザウルス組織相手だと、安曇野市職員や安曇野市議会の皆様の就労環境は、お気楽極楽で、緊張感の無い楽園状態が保障されるわけです。








↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

だったら

H林 明議員のセクハラも取り上げないといけませんね(笑)

政務活動費問題については、Mつ澤議員から聴いた話ですと当時警察も入り、事件性は無いとの回答でした。

政務活動費問題を問題だと取り上げたKo林議員は、iっ志議員に『お前は人間じゃねえ』と暴言をはかれたそうです。

そうですよね。

人間である前に『市議会議員』なんでから、問題を問題だと言える人の方が当たり前です。

No title

v-505v-42v-39v-40v-40v-40
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon