安曇野市本庁舎 新たな門出

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

開庁式  9拠点の機能集約
市本庁舎 新たな門出 開庁式  9拠点の機能集約市本庁舎 新たな門出 開庁式  9拠点の機能集約
安曇野市役所新本庁舎が7日、開庁した。宮沢宗弘市長らが出席して東正面玄関で開庁式を聞き、定刻の午前8時半から通常の業務が始まった。これまでは市支所など9拠点に分散していた本庁機能が1カ所に集約され、約600人の職員が同じ庁舎で事務を行う環境が整えられたことを生かして、行政の一層の充実を図る。(小坂 功)

宮沢市長は開庁式で「市制施行10周年の節目での開庁を皆さんとともに喜びたい」と述べ、橋渡勝也教育長、宮下明博市議会議長らとともにテープカットをして市民を迎え入れた。職員への訓示では「新本庁舎に魂を入れるのは皆さんだ」と呼び掛けた。
来庁した市民からは、新本庁舎での業務への期待感や注文の声が聞かれた。仕事関係の手続きで来た塩原芳夫さん(74)=豊科高家=は「不慣れな部分はあるだろうが、職員同士で意思疎通を図ってほしい」と求めた。
孫の保育園について相談に訪れた柳沢智子さん(53)=豊科=は「大勢の職員がいるので、スムーズに手続きができるようにして」と期待した。婚姻屈を出した安田浩二さん(29)=堀金烏川=は「2人の新たな出発を開庁日に合わせようと思った」と話していた。
市内の七つの障害者施設が共同で運営する東正面玄関近くの喫茶コーナー「あったカフェ」も開業した。運営協議会の倉橋薫会長(44)は「一生懸命準備を進めてきた。明るく積極的に接客ができている」と手ごたえを感じていた。
住民票の交付や転出入の手続きなどで市民が訪れることが多い市民課ではゴールデンウィーク中から、新しく使うシステムの確認や接遇の再点検などの準備を重ねた。林美重子課長(59)は「丁寧で確実な対応を速やかにするよう、より一層心掛ける」と話していた。
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

本庁舎で働く職員が600人ですか、ビックリです。

本庁舎で働く人数が多いと言うことは、支所の職員は少ない。
良く言えば、事務の効率化を図った。
中身は、安曇野市は、自分たちが楽をすることしか考えない。
弱者切り捨て、サービス低下の安曇野市行政が新たにスタートしたという事です。


地元の支所では用事は足りなくなり、一極集中。
豊科は行政サービス向上
他の地域は行政サービス低下

明科なんかどうでも良いけど、他の地域はとにかく可哀想です。

「合併特例債」は、貰ったようなものだなんて考えているのだからたまりません。
合併15年を過ぎると本来の交付税額に。
収入は減り、借金返済は増えるわけですから、どこかを削る。
本格的な福祉切り捨ての安曇野市政が始まりますが、そのプロローグが、5月7日に幕を切ったということですね。

数々の不祥事そっちのけで、喜んでいる場合じゃないですよ、安曇野市民のみなさん。








↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon