スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 明科の名所観光客にPR 

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

観光協会周遊バスや絶景ツアーでって、
バスで空気運んで、税金の無駄遣い

明科の名所観光客にPR 観光協会周遊バスや絶景ツアーで明科の名所観光客にPR 観光協会周遊パスや絶景ツアーで
安曇野市観光協会は、明科地域の観光資源を掘り起こし、穂高から明科まで観光客に広く市内を周遊してもらうプランを練っている。旧国鉄篠ノ井線廃線敷の遊歩道と、安曇野を一望できる長峰山を二つの柱に位置づけ、多くの人に足を運んでもらうよう旅行商品を企画する。JR明科駅の利用者増も狙い、将来的に特急しなのが常時明科駅に停車するよう、環境を整える。(萩原真一)

24日に県安曇野庁舎で聞かれた安曇野市地域公共交通会議兼協議会で、観光協会が明科地域を回る安曇野周遊パスのルート変更案を示し、承認された。
観光協会によると、JR大糸線の穂高駅と大王わさび農場、JR篠ノ井線の明科駅とを結ぶ周遊パスの「明科シャトル便」の一部のルートを、明科駅から廃線敷の旧第2白坂トンネルを経由するよう延長する。現在、鉄道を利用して安曇野を訪れ、廃線敷を散策する観光客らは、明科駅~旧第2白坂トンネル~明科駅の往復12~13㌔を歩かなければならないが、周遊パスを利用して同トンネルまで行けば、片道だけの散策が可能になる。観光協会の飯田善規専務理事は「往復を歩いても同じ景色を2度見ることになる。トンネルまでパスで行けば、往復の体力がない人でも片道だけ楽しめる」と話す。
また、穂高温泉郷の宿泊客を明科地域の長峰山まで案内して、長峰山頂から北アルプスの朝焼けを眺めて楽しむ「絶景ツアー」も計画している。飯田専務理事は「明科地域の観光資源を活用した旅行商品もいろいろと用意し、観光客の流動性を高めたい。将来的には特急しなので中京圏から訪れる観光客を、明科を玄関口に取り込みたい」と話している。
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

こんな記事が、安曇野市の提灯記事専門の市民タイムスの一面に出ていたので、安曇野市観光課に電話してみました。

私 「廃線敷きを歩いた観光客は、昨年度はどれほどいたんでしょうか?」

担当者 返答できず

私 「今までの利用人数も把握しておらず、利用客増加を狙うって、いい加減じゃないですか?」

担当者 「確かにそうですね。」

私 「長峰山からの眺望は素晴らしいが、晴れの日ばかりとは限らない。天候が悪い日はどうするのか?」

担当者 「具体的にはまだ.....」


基本的な数字も把握していない、計画案もないこんな低レベルで良く、変更案が承認されましたね。
私が委員なら、観光協会会長を始め、担当職員に「お前ら、顔を洗って出直して来い」とはっきり言いますよ。

今までの数々の観光施策は、その後どうなっているのでしょう。
安曇野市は計画立てるだけの、やったらやりっぱなしで、実績は、誰も追求しないの?
安曇野市議は、いったい何をやっているのか。

こんなんじゃ、安曇野市市議会議員の価値はありませんよね。

それより何より、インターチェンジの名称を「豊科」~「安曇野」に変更すれば、経済効果は10億円で、観光客も増えるんじゃなかったんですか?

安曇野の北朝鮮、明科なんかに観光資源なんかありません。

古事記明科を、安曇野だなんてPRするな!
私はそう言いたいです。



↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

No title

てめえこそ、堀金の恥さらしだろうが!!

明科住民に言っても理解出来ないけど

明科の押野山どうなるのでしょうかね。

その他周辺の松枯れ山も。
宮○○長の家の裏山も松枯れだらけのままですね。

あんな松枯れだらけで良くも観光協会はイメージを悪くする観光政策ばかり考えたものですよ。

押野山は一層のこと山を○して国道19号線に一直線に行けるようにしたり、管○型埋○最○処○場にして頂いた方が今後の安曇野為ではないですか?

湯○産業も悪臭を漂わせて通る度に臭いですし、明科方面に観光地を広げれば観光客の安曇野に対するイメージダウンに繋がらないでしょうか?

松○議員の家は湯○産業の川下だけど、嗅覚は大丈夫でしょうかね。

ただでさえ心が渇いた安曇野人ばかりですしね。

信州サーモンは今は知りませんが、昔は魚の口の中寄生虫だらけで気持ち悪いです。
それを見てから川魚は気持ち悪くて食べれなくなりました。

いつもコメントありがとう

「明科良い街」というハンドルネームを付ける時点でで、
あなたの基地外レベルがわかります(嘲笑
何を言っているのかよくわかりませんが、
言いたいことがあるのなら、
誰が読んでもわかるように、もう少し長文で書いてごらん
鳥の脳みそ ○○君(笑
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon