スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市は日本の「シロアリ」メンバーの一員で、素晴らしい街です。

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

※週刊ポスト2012年3月23日号
「合併特例債」活用し豪華新庁舎建設進める主な自治体リスト- 週刊ポスト-「財源がない」といって国民に増税を押し付け
「合併特例債」活用し豪華新庁舎建設進める主な自治体リスト- 週刊ポスト-「財源がない」といって国民に増税を押し付け

http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/644.html

archive.today
https://archive.today/REfBy

以前にも書きましたが、私は安曇野に安曇野でもない安曇野の北朝鮮、旧明科町が合併の枠組みに入るのは断固反対でした。
なぜ安曇野が、倒産寸前の明科のような、ゴミ自治体の面倒を見なければいけないのか?
なぜ旧南安曇の住民は、現在の枠組みでの合併に、反対の声を上げないのか?
とにかく不思議でした。

結果は現在のとおり。
高齢化の垢支那は、爺、婆がどんどん死んで、多少動ける垢支那の住人は、便利な市外に転出して行くから、安曇野市の人口は減る一方
箱物建てまくって、負債は増える一方
以上のように安曇野市腐敗の原因は明らかで、安曇野の疫病神である旧明科町と旧三郷村、おまけに旧穂高町の三町村が三大要因のわけです。

比較的真面目にやってきた旧豊科町と、真面目にやってきた旧堀金村がコツコツと積み立てた基金を食いつぶし、さらに国民の税金までも食い尽くす、山紫水明とはほど遠い、シロアリ自治体に成り下がってしまったわけです。

私は安曇野市が合併以後、意図的に安曇野市政からは目を背けていました。
新聞も、安曇野市の広報誌も、全く読みませんでした。
しかし、こういった記事を目の当たりにすると、市政には無関心ではいけなかった。
そんな気がして、正直後悔しています。

固定資産税の問題で、あまりにも出鱈目手続きに頭にきて、現在は退職していますが、当時の固定資産税課長の高橋永安と、徴収係長の長崎を脅し上げ、謝罪文を書かせましたが、やはり気が収まらず、憂さ晴らしにこのブログを立ち上げたわけですが、自称・改革派の議員に相談したってダメです。
そういった問題は「『行政不服審査申立』をしてください。」って、「そんな表面上の手続きの事は、お前に教わらなくたってわかっているが、手の届かないところを議員にカバーして欲しいんだよ!」と助けを求めても、最終的には役立たず。

強酸党や、改革派議員なんてのは、力もなければ人徳もない。
試しに増○○○○君に、何か頼んでみてください。
口では上手いこと言いますが、多分、全く役になんか立たないから。
(場合によっちゃ、私に頼んだ方が良いかも知れません。)

なので、安曇野の住民は、頼み事は力のある議員にたよる。
国も、地方自治体も、構図は同じなんです。

安曇野市では、李明博グループ以外は議員に非ず。
そんな議員さんが新市庁舎建設に賛成し、待ちに待った安曇野市新市庁舎が完成
そんなところでしょうか。

本当に、こんな豪華な安曇野市新市庁舎が必要だったんですか?
私は、平屋のプレハブでも十分だと思いましたがね。

安曇野市の新市庁舎「シロアリホール」の見学会は、本日も行われています。
前に提案した「インポスタホール」より、「シロアリホール」の方が良いかも知れませんね。

私としては、どちらかの呼称が定着してくれる事を願います(笑

本日は思いついたまま書いたので、ちょっと支離滅裂で失礼します。




↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

裏切られて

初めて知る現実であり、裏切りや被害を頬むられていない市民は「自分たちには関係ない」と思われている方が大半でしょうね。

増○議員は確かに人を集める事は得意分野だと思います。
ですが、その先があるかと言えば…です。

私には、まだ段階に踏み入る前に、引き下がる気配が見え隠れしている様に感じてしまいます。

支持されている方々はそんなことを望んでいませんし、ボウさんはきっとやってくれると、生ぬるい期待をしていると思います。

結局、圃場整備の件で増○議員と小○議員に現地を見て頂き対処とその後の相談に乗って頂いたのは小○議員だけでした。

それでも納得の行く結果にはなりませんが、少なくとも誠意を感じる事が出来ました。

これを他の議員に依頼したとしても、これだけの結果は望めなかったでしょうね。

ですので増○議員の事を知りたく近づきましたら松○議員にはつるんでると叩かれるぞとまで言われてしまいました(笑)

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon