スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 「みらい守る防犯カメラ」

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

不審者対策に15台設置
安曇野市「みらい守る防犯カメラ」 不審者対策に15台設置安曇野市「みらい守る防犯カメラ」 不審者対策に15台設置
本の盗難防止や不審者対策を強化するため、安曇野市の穂高交流学習センター・みらいに防犯カメラが設置された。センター内にある市中央図書館も含め、館内の15ヵ所に設置された防犯カメラが、不審者などに目を光らせる。センター利用者からも設置を望む声が寄せられていたといい、市図書館交流課は「利用者の安心・安全のために設置した。プライバシーの保護や個人情報の扱いに十分注意し、市の規則にのっとって適正に運用する」としている。(萩原真一)

市図書館交流課によると、市中央図書館内に9台、センターの出入り口やギャラリーなどに6台の防犯カメラを設置した。15台とも開館時間に合わせて稼働し、映像はセンターの事務室にあるモニターに映し出される。撮影した画像は録画し、1ヵ月後に自動的に上書きして消去されるようになっている。館内の11ヵ所所に「防犯カメラ作動中」という看板も取り付けた。
市中央図書館は、手続きをしないで本を持ち出すと警報が鳴る「ICタグ」を県内の他の図書館に先駆けて導入し、盗難防止を図ってきた。しかし悪質な手口で本を持ち去る盗難事件が発生していた。また図書館やセンターの学習室で勉強している子供の保護者などから、不審者対策の強化を求める声があり、市は防犯カメラの導入に踏み切った。
設置費用は約440万円となっている。市は『防犯カメラの設置および運用に関する規則』で詳細を定めており、市内の施設では豊科交流学習センターきぼうや豊科近代美術館などで防犯カメラが導入されている。同課は「かなり広角で撮影しているため、誰がどんな本を読んでいるのかなどプライバシーに関することは映像を見ても分からない。個人情報の扱いには特に注意したい」としている。
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

最初に、安曇野市には「みらい」や「きぼう」なんか無いと、私は感じています。
何を考えて図書館の名前に「みらい」や「きぼう」と付けたのだろう?
そして垢支那はなにゆえに「ひまわり」?
この名前は、公募した名前なんでしょうか?

穂高にある図書館が中央図書館!?
安曇野市民の皆様、違和感はないですか?
安曇野市・新市庁舎東にある「豊科図書館」が、「中央図書館」じゃないの?
そう思いませんか?


さて、本日の本題ですが、安曇野市図書館の職員は、臨時職員が大半かも知れませんが、職員資質は、安曇野市の正職員の職員資質と同じで、とにかくレベルが低い。
よその自治体の図書館と比べたら、一目瞭然です。

あまりにもレベルが低いので、図書館スタッフに「よその自治体の図書館を利用した事がありますか?」と聞いて見ると、「利用した事はない。どんなオペレーションをしているのかも知らない」とのこと。

こんなスタッフが働いているのですから、言わずもがなですね。


>市中央図書館は、手続きをしないで本を持ち出すと警報が鳴る「ICタグ」を県内の他の図書館に先駆けて導入し、

どんなシステム導入しようが、使う人間がア○だと、役には立ちません。
仕事をやる気がなければ、効果はありません。
「○カとハサミは使いよう」と言いますが、”バ○”が”ハサミ”を使うんですから、どうしようもありません。
切れるハサミも切れません。

今回、公金を横領し懲戒免職、刑事告訴された平森浩という安曇野市の元職員は、毎月28日のコンプライアンスデーにも、雁首を揃えていたはずで、それなのに、公金横領を続けていた。
社会常識を身につけた、普通の人間の感覚では、到底理解出来ない、いい加減な事をやっているわけで、これは、この職員だけの事でなはく、安曇野市職員は皆、これに近い感覚でやっていると考えざるを得ないわけです。

以前のブログ記事に、「安曇野市職員に、教育なんかしようとしても無駄だ」と書きましたが、今回の事件からもわかるように、私の言う事に間違いなしで、書いている通りじゃないですか。

>プライバシーの保護や個人情報の扱いに十分注意し、市の規則にのっとって適正に運用する」としている。

こんな規則を設けて、防犯カメラを運用しようが、何の役にも立たないという事は目に見えています。
休まず、遅れず、働かずの、公務員勤務態度三原則を忠実に守っている安曇野市職員。

こんな規則作ったって規則自体、安曇野市職員は読まない、知らない、気にならないの3原則を、忠実に守るでしょう。

まったくお笑いです。

一昨日に書きましたが、あんなおバ○教育委員、宮沢豊弘
ふんぞり返って大股開きの教育委員なんて、非常識極まりありません。
「真っ先に自分が、社会常識から教育し直してもらえ!」

私はそう言いたいです。







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

防犯カメラ

なんて必要ないと考えます。

これが改善による結果なのでしたら「ふざけるな!」です。

どうしたら盗難を防げたか不審者が常駐しないかマナー違反の駐車を防ぐか等、職員が行動すれば未然に改善できる内容ばかりです。

カメラ先に改善すべき点は沢山あると考えます。

ご指摘の通り>仕事をやる気がなければ、効果はありません。
「○カとハサミは使いよう」と言いますが、”バ○”が”ハサミ”を使うんですから、どうしようもありません。

共感です。

No title

 ってか、図書館なんて不要だと思います。

 パチンコ屋が不要って考える住民より、図書館が不要って思う住民のが多いと思います!
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon