スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市政ウオッチ お役所仕事 その8

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html

安曇野の風景安曇野市・穂高 安曇野アートヒルズミュージアム

安曇野市・穂高 安曇野アートヒルズミュージアム10/01/08 File_Size 2.452kb Quality:middle
360度のパノラマをお楽しみください。
マウスのスクロールで、写真を自由に動かすことができます。
一事が万事! 本日も安曇野市政を検証しますが、安曇野市政問題の本質は、
この話しのような、「重箱の隅を」のレベルの話しでは無いことを、ご理解の上、
お読みください。

光城山に、安曇野市により設置された展望指示盤について
安曇野市によって設置された展望指示盤左の写真は、光城山に昨年設置された展望指示盤です。
以前、1/14の「安曇野市政を考える お役所仕事 その4」で、
展望指示盤の設置高さ等について記載しました。
今回は内容です。
設置された展望指示盤には手書きで追加の跡左の写真をご覧ください。
新しく設置された展望指示盤には、
槍ヶ岳や北穂高岳、三ッ岳や針ノ木岳が手書きで、
(多分登山者によって)追記されています。
以前の北アルプス眺望図左の写真は、新設に伴い撤去された古い北アルプス眺望図です。
以前、新しい展望指示盤より20メートルほど南側の稜線に、
写真のような北アルプス眺望図が設置されていました。
以前の北アルプス眺望図には、槍ヶ岳や北穂の表示が以前の北アルプス眺望図には、
この写真ではちょっと見難いですが、
北穂高岳や、槍ヶ岳の表示がしっかりとあります。

北アルプスでも有名で、光城山から見える事をPRすべき山名が抜けている。
この、展望指示盤設置工事には、安曇野市職員の、仕事に対するいい加減な姿勢が如実に表れています。
「ケアレスミス」careless mistakeというレベルのものではありません。
新規に展望指示盤を設置する担当者は、業者発注する際、設計図や仕様書を当然作成します。
その段階で、撤去前の古い北「アルプス眺望図」をしっかり見て、作成した仕様書と見比べれば、何が足りないかくらいは、小学生でもわかります。

仕様書を業者に作成させた場合でも、見比べればわかります。
そんな簡単な、そして怠ってはいけない仕事を、安曇野市の職員は怠ったのです。
職務怠慢も良いところです。
仮に自分でわからなければ、ネットで調べればわかります。

管理職は、旧町村役場からの職員で、ぼんくら管理職ですから、職員の管理能力や、業務の指示能力はありません。
だから、色々確認してもまともな返事は期待できませんが、せめて、山を知っている同僚職員に聞いてみたり、光城山に関連している団体に聴いてみる等の方法はあったはずです。

以前のものより表示範囲が広がって、新しい山の表示が北側に増えていますが、いくらバカでも、槍ヶ岳や針木岳を抜かすようでは、それこそ、その職員は「抜け作職員」です。

こんな、いい加減な仕事をしている安曇野市の職員に、年間何百万も給与を支払っているのですよ。
安曇野市民の皆様、高給取りの安曇野市の職員レベルがこれでは、
悲しいことじゃ、あーりませんか!?


↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon