スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 小松石 新市庁舎の名板に

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「アルクマ」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

友好都市・真鶴町が寄贈へ
安曇野市 小松石 新市庁舎の名板に 友好都市・真鶴町が寄贈へ安曇野市 小松石 新市庁舎の名板に 友好都市・真鶴町が寄贈へ
安曇野市が豊科に建設している市役所新本庁舎の正面玄関前に飾る「安曇野市役所」の名板が、市の友好都市である神奈川県真鶴町(宇賀一章町長)の名産・小松石で作られることになった。旧堀金村が平成7年に友好親善提携を結び、合併後の同年に友好都市提携を結び直し、青少年の相互訪問事業などを通し市民交流が続いている。今回は"絆の印"として真鶴町側から寄贈の提案があり、製作も町が担う。(浅井文人) 14-10-03


小松石は、古くから上質の石材として有名で、真鶴町は産地として知られる。
記念碑の材料としても使われているという。12月に完成し、来年5月から使い始める新庁舎東側の正面玄関前に、幅3.6Mほどの小松石を置き、名板とする予定だ。
.
....

市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。


安曇野市の新市庁舎の完成が近くなると、喜びが増すのは安曇野市長始め、安曇野市議会議員、そして安曇野市職員と、ごく一部の安曇野市新市庁舎建設賛成派の方たちだけ。

安曇野市新市庁舎が完成すれば、現在の総合支所機能はさらに低下。
新市庁舎一極集中となり、新市庁舎周辺地域は活性化し発展しますが、それ以外は地盤沈下は目に見えています。

現在は自由に車で移動できる年代の方も、やがては歳をとり、デマンド交通「あづみん」のお世話にでもならなければならくなる可能性もあります。
今まで、顔なじみだった役場の職員は、見知らぬ人たちばかりとなり、気易く各種相談やお願いごとなんかも出来なくなります。。

役場の職員は、「うるさい爺婆が来ない方が楽で良い」なんて感覚でいるんでしょうね、多分。

行政サービスの低下は、今後さらに進んでいきます。


ところで、旧堀金村の友好都市、「神奈川県真鶴町」からの”名板”寄贈
市民タイムスさん、この場合は”銘板”の方が適当ではないのでしょうか?

余談はさておき、以前にも書きましたが、安曇野市として合併した旧5町村で、友好都市、姉妹都市が無かったのは、旧明科町だけ。

日本のどこの自治体からも、そして世界のどこからも相手にされなかった旧明科町。

そんな旧明科町を、旧南安曇の皆さんは、無条件で受け入れた。
合併推進派は何を考えていた。
自分たちの利権だけで、安曇野市の未来を、何も考えていなかったんじゃないか?

明科が安曇野!?
私はいまだに信じられません。






↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon