スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野は、早くも稲刈りの終えた水田も

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

安曇野の風景安曇野のシンボル・常念岳
大糸線の車窓から、転作田のソバの花と、雲の上に顔を出す常念岳
大糸線の車窓から、転作田のソバの花と。雲の上に顔を出す常念岳

頭を垂れ、間もなく刈り取り適期となる稲穂と常念岳
頭を垂れ、間もなく刈り取り適期となる稲穂と常念岳

全国的に天候不順の夏でした。

出穂の時期に天候不順が続いたため、稲の作柄が心配でしたが、ニュース報道では作況指数は「平年並み」か「やや良」とのことでした。

農協の栽培指導では、「今年の追肥は例年よりやや多めに」だったそうですが、
我が家の水田の稲の色は追肥の時期、例年に比べ色がやや濃かったので、農協の指導に反して追肥を少し減らしたのですが、平年並みの収量があるでしょうか。

稲刈りが始まるまで、心配は続きます。







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ安曇野情報・にほんブログ村ネガティブ日記 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

家も追肥は少なめでした。

追肥をする時期を遅らせたり余ったからと余分に追肥したりすると、米の味にも影響するそうですね。

敢えて肥料をしない方が美味しいと聞きましたが、実りも良くなってほしいです。

家の方では国営アルプスあづみの公園の事業計画が本格的に始まり、猿が里に下りて来なくてよかったと思っていましたが、猿も大分人を警戒しなくなってきて堂々と稲穂を食べています。
年々と被害状況も大きくなったて来たと感じます。

国営アルプスあづみの公園事業計画で山に人が入るから猿は里に下りて来なくなると思った私がバカでした。

国営アルプスあづみの公園関係者は猿を追い払う事もしないので猿の行動も大胆になる訳です。

以前、猿を見掛けたら追い払ってくれとお願いしておいたのですが、関係業者も増えて国土交通省関東地方整備局も通達する事も忘れていますね。
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon