スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市の人口は減少が続いています

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

安曇野市は地盤沈下?
市の人口 9万9000人割る市の人口 9万9000人割る
1日現在の市の住民基本台帳人口(日本人と外国人の合計)が9万8959人となり、合併直後の平成18年3月から維持してきた9万9000人を割り込んだ。減少傾向はここー年半ほど続いており、人口10万人を目指す市にとって試練の時期を迎えている。
3月1日から別人の減少で、前月比での減少は4カ月連続となった。進学や就職などで市外に引っ越す人が多い年度末は人口が減る傾向があり、今年も同じ状況だった。
市は市外からの移住・定住促進策や企業誘致による雇用の確保などの人口増加策を講じているが、効果が出るかどうかを見極めるのには時聞がかかる。宮沢宗弘市長は「全国的な少子高齢化の影響もあり、特効薬はない。地道に政策を実行していくしかない」と話している。 14-04-02(小坂 功)

市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

市の人口 9万9000人割る
少し前の市民タイムスに、こんな記事がありました。

最初に、最近の市民タイムスの記事、提灯記事を書いた浅川寛子記者の、行政関連記事が少ないような.....
見慣れない名前もあるので、新人さんでも入ったのでしょうか?


で、市の人口 9万9000人割る

「市は市外からの移住・定住促進策や企業誘致による雇用の確保などの人口増加策を講じているが、効果が出るかどうかを見極めるのには時聞がかかる。」

そう言って、あと3年数ヶ月経てば、市長は任期満了
そう言って3~4年経てば、担当職員は人事異動

民間企業なら、見極めに時間がかかるなんて言っていられません。
行政はとにかくお気楽です。

一昨年度末の転入者のうちの県外者と、転出者のうちの県外者
今年度末の転入者のうちの県外者と、転出者のうちの県外者

この数字を比較してみれば、効果があったかどうかの動向はわかるんじゃあないのかな?


田舎暮らし 移住先人気ナンバー1は何県?
http://thepage.jp/detail/20140130-00000001-wordleaf

このサイトでは、一位は長野県
二位は岡山県や福島県あたりだったんだけど、昨年は山梨が急浮上
2013年に移住・就職相談窓口を開設した効果だというが、その効果が継続するか来年のランキングが楽しみ。

長野県には
長野県移住交流課
http://shinshu.sumuz.jp/liveshinshu/kouryuuka

こんな部署があって、頑張っているから人気ナンバーワンが維持できているんだなと、さらに調べてみると、
平成24年中の長野県の年間人口増減についてお知らせします。
http://www3.pref.nagano.lg.jp/toukei1/jinkou/all/all.htm

こんなページがあって、平成13年~平成16年頃にかけて人口は徐々に減少が始まり、結局のところ減少し続けているんだね。

移住者も高評価! 「日本の住みやすい田舎ランキング」上位の町を調べてみた
http://news.ameba.jp/20140126-79/

このサイトを見てみると、長野県内では大町市が5位にランクイン。
私から見ると地盤沈下が著しくて、しかも冬は不便で、絶対に住みたくないと感じる大町市が人気とは、
移住者は何を見て、何を考えて移住するのか良くわかりません。


安曇野市には
安曇野に住もう:安曇野市ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/shokai/sumou/index.html

こんなページもあるので、後ほどしっかり見てみようと思います。


ちょっと考えると、人口増加は良いことかもしれません。
しかし、有効求人倍率が上向かない状況が続いていますから、仮に転入者がふえれば、地元で職探しをしている人の就業機会が減ることになわけで、景気さえ良ければ大手を広げて迎え入れても、現在の状況ではいかがなものでしょう。




↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

安曇野に明科は不要

松川村や、場合によっては池田町、絶対に必要だったのは安曇村と梓川村です。
旧町村役場のアホ職員が、何も考えずに合併をしたから、こういう結果になっているのです。
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon