スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 市観光課の原案 映像化

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

地域の魅力テレビCMに
地域の魅力テレビCMに 市観光課の原案 映像化 ”安曇野流”おもてなし紹介地域の魅力テレビCMに 市観光課の原案 映像化 ”安曇野流”おもてなし紹介
安曇野市観光課の職員が内容を考えたテレビCMを、県内の民間放送4社が今月下旬に放映することになった。県による観光振興プロジェクトの一環で市町村などから作品を募ったコンテストが行われ、安曇野市が出品した市の魅力をPRする作品が優秀作品に選ばれたことから、CM化が実現した。市の作品を基に、映像のプロがあらためて撮影してCMを作る。来客に何杯もお茶を振る舞うなど「安曇野流」のおもてなしを紹介する。14-03-18(小坂功)
17日は市内3カ所で市と県の職員が立ち会い、テレビやラジオのCM企画制作会社による撮影が行われた。CMは、旅に来た女性が地元の人からさまざまなおもてなしを受けるというストーリーで、30秒にまとめられる。民放4社で計お回の放送を計画している。築200年を超える豊科南穂高の轟達雄さん(88)宅の縁側では、女性を住人が迎え、お茶を振る舞うシーンが撮影された。観光ガイド団体・安曇野案内人倶楽部代表の等々力秀和さん(73)と切り絵作家の古畑委子さん(33)が住人の親子役で出演した。
1口飲むと、すぐにお茶を継ぎ足す安曇野流のもてなし方を表現し、等々力さんが「遠慮しなんで、どんどん飲みましょ」と観光客役の女性に勧めた。お茶うけとしてたっぷりと用意された野沢菜漬けやリンゴ、菓子なども画面に収めた。
穂高の大王わさび農場では記念撮影を手伝う男性が登場するシーンを撮影し、礁山美術館の近くでは通りすがりの観光客にも元気にあいさっする小学生の姿を収録した。市が本年度から取り組んでいる観光振興ビジョンでは、安曇野らしい暮らし方を前面に打ち出すことを通じて地域の魅力を発信しようとしている。観光課の担当者は「暮らしの中で引き継がれてきた『安曇野流』のもてなし方を、飾らずに伝えられれば」と話した。
県のプロジェクトは「ずく出し!知恵出し!おもてなしプロジェクト」という名前で行われている。映像作品の募集には安曇野市などが5作品を寄せた。


市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている、安曇野市の提灯記事専門の新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

市観光課の原案 映像化 ”安曇野流”おもてなし紹介
少し前の市民タイムスに、こんな記事がありました。

「県による観光振興プロジェクトの一環で市町村などから作品を募ったコンテストが行われ、安曇野市が出品した市の魅力をPRする作品が優秀作品に選ばれたことから、」

最初にこの部分を読んだら、長野県の各自治体77市町村の大半が応募し、その中で優秀作品に選ばれたと思った。
「だったら、安曇野市職員はバカだと思ったけど、案外すごいじゃん!」と。

でも、最後まで読んだらガッカリだった。
長野県内で応募したのはたった5作品だけ。

要するに、安曇野市以下5自治体の職員は暇だった。
そんな事くらいしか、やることがなかった。

しかも記事中に、どこかで聞いた名前が。
「安曇野案内人倶楽部代表の等々力秀和さん(73)」

以前、このブログ記事で、安曇野の方言紹介がおかしいと書いた事があったが、
安曇野市政ウオッチ お役所仕事 その7
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-46.html
安曇野市政ウオッチ お役所仕事 その7-1
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-47.html

この記事の中に出てくる「あづみのかわら版」の編集責任者で、安曇野の事なら何でも首を突っ込む、目立ちたがり屋、出しゃばり、お節介の等々力じいさんか。

アウトドアファッションが好きってのは良いが、汚いシャツやジーンズがアウトドアファッションと誤解し、髪の毛を後ろで一つに縛ったりとか、髭をのばしたりしている爺さんに、まともな感じの人は少ない気がする。

等々力のじいさんは、髪の毛こそ縛ってはないが、それ以外はそんな雰囲気がしないでもない。

安曇野市職員の暇つぶしと、税金のムダ遣い
しかも、CMの放送は長野県内だけ?
こんなCM作って放送したって、安曇野に観光客なんか増えない。


このブログの読者のみなさん、私は本当に教えて欲しいです。
安曇野市や安曇野市観光協会のWebサイトに書いてある、
「安曇野の原風景」や「日本の原風景」なんてのが、安曇野のどこにあるのか...





↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

何が目的なのか理解出来ません。

観光PRが目的なのでしょうか?

安曇野のおもてなしを映像化したとか記事に書いてありましたが、お茶の注ぎ足しが安曇野のおもてなしだとか?

映像を見ていませんから一概に言えませんが、記事の内容からしたら、魅力さえ感じません。

これが他にお住まいになってる方々から見たら、安曇野はいいなって感じるのでしょうかね?

No title

この爺さんはいろんなところで見かけ、余計な事ばかり言っているが何なの?

お茶の注ぎ足し云々を宣伝するより、
細い道から、車が来ている広い道に飛び出して、来ている車に急ブレーキを
かけさせておきながら、チンタラ30km以下で走る“安曇野運転”の撲滅運動を
実施した方が良い。
この“安曇野運転”にどれだけ多くの観光客が巻き添い事故に合わされ、
安曇野で嫌な思いをしている事か。
市・観光協会・商工会議所諸々の機関は、何故安曇野にはリピーター観光客が少ないのかが分かっていないのだろう。
観光客に安曇野の何処が・何が嫌だったかを真面目にアンケート調査でもして、
その内容を真摯に受け留め反省する姿勢が必要だ。

ホント、何考えているんでしょう。

田舎のオヤジさん、安曇野の魅力って何なのかって私はわかりません。
CMなんか無駄

垢支那人さん、安曇野に、何回も足を運ぼうと思う人はいませんね。
そんなふうに思う場所、無いですから。

動画見た感想orz

http://www.omotenashi-nagano.net/movie
市のホームページにこの動画がありましたので観覧してみると、???安曇野の思惑が見え隠れしてると思ったのは私だけでしょうか?

これが優秀作品ね~(;´Д`)

はじめてコメントします

はじめまして。
私は、埼玉から松本に移り住んで4年になるアラサー女子です。旦那が松本出身で、結婚を機にこちらに来ました。現在、家は松本ですが職場は安曇野です。
たまたまこのブログに行き着き、県外出身の私なりにちょっと思うところがあったので・・・。長くなるので面倒だったら無視してくださいね。

こちらの記事で、こんなCMがあったこと初めて知りました。普段テレビを見ないせいですね汗。
応募作品を見てみました。
http://www.omotenashi-nagano.net/movie
地域の優劣ではなく、募集内容に対する作品としては安曇野市しか当てはまってないと思います。
須坂市は施設の入り口を映しただけだし、下諏訪町はただ傍観している映像。松川町はすでに観光映像としてできあがっている、おそらくプロが作ったものです。
一方、安曇野市は、演出があり台詞がありストーリーがあって、職員だけでよく作ってるなと思いました。

CM版
http://www.youtube.com/watch?v=HYINgtNC_Qo
内容の、お茶の継ぎ足し等々については、私も実際、松本の旦那の実家に行くとその通りで、最初は驚きました。独特だと思います。でもなんかほっこりしてうれしくなるんですよね。仕事で知り合った明科の方のお家でもいつもそうでした。

CMでは”撮影:安曇野市”としながらも、赤ちゃんが「信州のひとってふしぎ~」と言っているので、信州のどこでもこのお茶文化があるんでしょうか?でなければ、県内でも見るひとによっては「うちではやんないけど」って思うかも?
あと、私的には”おもてなし”はどこでも使われすぎてて、もういいよって思います・・・。

私は毎朝、北アルプスの山々を見ながら通勤しています。刻々と変わる表情に本当に感動します。ほぼわき見運転ですw
大げさでなく、こんな景色を見られるだけで幸せだな、他になにもいらないなって思います。昔から変わらない風景というなら、山は言えるんじゃないでしょうか。
それなのに、郷の景色が変わってしまうのは残念ですよね。
バンバン建つ四角い家々。市の考えもそうですが、住宅メーカーとかもどうなのって思います。松本もマンションばかり建って悲しいです。

勝手書きましたが、安曇野は私にとっては”出会えてよかった場所”ですし、好きです。田んぼ道に咲く花や、きれいな水がちょろちょろ流れる用水路でさえ、見ると豊かな気持ちになれます。そんな観光客も多いんじゃないでしょうか。
開発するとこは開発、というのは仕方ないのかもしれませんが、今からでも大切なものを無くさないように、市にもがんばってもらいたいです。

本当に長くてすみません。
これからもブログ興味深く見させていただきます(^^)



コメントありがとうございます。

最初にお茶の注ぎ足しですが、「一口飲んだら注ぐ」なんて事はしないと思いますよ。
「少なくなったら注ぎ足す」って感覚だとおもいますが、
安曇野に限らず長野県内では、お茶の注ぎ足しはするんじゃないでしょうか。

CM作る余裕がある、他にやることが無い。
安曇野市職員は、とにかく暇だということです。

次に安曇野の風景
山が素晴らしいって、私も長野県内外移動しますが、安曇野に限らずどこでも山は綺麗
安曇野から見る山しか感動しないんですか?

安曇野の原風景なんてのは、もうどこにも残っていないんです。
一部でも、原風景が残っていれば、私もこんな辛辣なことは書きませんがね。

男性から女性を見た場合、美人であこがれて、高嶺の花の時は美しく見えるけど、
エッチさせてもらっちゃえば、他の女性とかわりなし。
周りがうらやむばかりの美人とやっと結婚しても、他にいい女性ができればいとも簡単に離婚しちゃう。

ブス、三日見れば慣れる。
美人、三日見れば飽きる。
景色もそんなもんですよって、例えが違うか(^_^;)

No title

なるほど~
どんなに素晴らしいものでも3日で当たり前になってしまうから、新しいものに飛びついて、無くしてはいけないものを無くしてしまうんですね。
確かに芸能人とかに会っても、最初はキラキラして見えるけど、数分すると結構普通に見えてきて、しまいには態度悪いなとか肌荒れてんななんて思ったりしますもんね。
ってちょっと違うか;

私は日本中の山を見てきたわけではないので、安曇野の山が日本一と言ったつもりはないですよ。埼玉からは遠くに秩父連山と富士山が見えて、それも好きでしたし、たまに登山をするので、行った場所それぞれに良さを感じます。
ただ安曇野から見る山も、そこだけの景色なわけで、それに私は特に感動したということ。もちろん人それぞれだと思います。
旅行先で美味しいものや景色に感動したら、その為にまた行きたいと思う。
安曇野もそう思ってもらえるようにしていかないといけないってことですね。

話戻りますが、
観光課の仕事って安曇野をPRして観光を促進するということだと思うのですが、CM制作は当てはまらないのでしょうか?番組やWEBムービー制作等は?
もちろん課の全員でCMやってたわけじゃないと思いますし。
逆に、他の地域はそれどころじゃなく忙しかったのか、CMなんてって思ったのか、編集できる人がいなかったのかわかりませんが、私は「県のお達し無視かい」とも思えました。(強制ではないですが)
一応、安曇野は選ばれてちゃんと放送されたわけで。確かに効果のほどは微妙ですが。
たぶん県としても、本気で観光促進のためにというよりも、こういう企画をやることで地域を改めて見つめるきっかけに、、くらいのもんでしょうかね。本気のPRだったら、県外や海外にすべきですから。(それはそれでしてると思いますし)
結果一番かわいそうなのは企画した県の担当者でしょうか。





確かに、県の担当の方は拍子抜けだったでしょう

応募が5作品ではね

観光担当は、安曇野のPRが仕事なのは確か。
ビデオ制作も確かに仕事ですが、あんな低レベルのビデオでは、
安曇野市の意気込みは、全く感じられませんね。
応募が少なく、条件に合致した物は1作品で、仕方なしに選んだってレベルですよね。


私はね、観光地に掲示する注意書き一つにしても、風景の一部として考えるくらい、
安曇野市の職員が気を遣わないと、誘客は成功しないと考えています。
ブログで以前書きましたが、
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-31.html
こんな小学生レベルのお知らせを、平気で貼る安曇野市職員の気が知れません。

動画制作が今回初めてなら、こんな事も書きませんが、すでにDVDを2種類作成しています。
その一つはこれ
安曇野市_心が渇いたらまた来よう、安曇野へ。
https://www.youtube.com/watch?v=rUnNf9SE39c

再生回数は、たったの二百数十回ですよ。
やる気があって、やっているとは思えません。
単なるムダ遣いに終わっていますよね。
今回のCMも、全く同じ雰囲気を感じます

お伺いしますが、とんびさんの感じる安曇野の原風景は、どのへんにあるんですか?

安曇野市は、心が渇いたらというより、安曇野市職員の頭の中が渇いているとしか思えません。

No title

この掲示については知りませんでしたが、
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-31.html
確かに「・・・」ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=rUnNf9SE39c
こちらの映像は以前見たことがありましたが、私はあまり好きではありません。
なんだかつっこみどころが多いですし、"心が乾いたらまた来よう、安曇野へ"のコピー、安曇野に来る人はそんなすさんだ人ばかりなのか、と。

安曇野の原風景についてですが、
私は安曇野の昔を知らないので、安曇野の原風景についてはなんとも言えません。
ただ、数十年前の航空写真を見たことがあるのですが、高速道路や商業施設も無く、ほとんどが田畑でその広さに驚きました。なので随分変わったんだな、とは思います。(日本中そうだと思いますが)
だから、変わらない景色という意味では山の見え方(夕日や紅葉や冠雪の景色)くらいなのかなと思っただけです。

原風景の感じ方は人それぞれだと思います。海育ちの人は波止場かもしれないし、都会の下町育ちの人はしなびた銭湯かもしれない。
私の場合、埼玉の実家のまわりは田んぼで(規模は小さいですが)、よく蛙を取ったりしました。今は田んぼをつぶして分譲され、新築が建ちまくっています。
なので、私は安曇野でも田んぼのあぜ道に咲く野花を見るといいなと感じますし、
母が遊びに来た際、稲藁(?)を焼く匂いが好きだったといって懐かしんでいました。

そういう意味で、私にとっては安曇野は心が安らぐなにかを少なからず感じるな、という私事ですほんと。

安曇野市は原風景という聞こえのいい言葉を、深く追求せず使ってしまっているかもしれないですね。
知らない人からすれば、これが安曇野の原風景です、と言われたら「そうなんだ~」と思うだけですもんね。すり込みで。



大将さんが思う、無くなってしまった安曇野の原風景とはどんな風景なのですか?


プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon