スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市は、旧明科町と同じ破滅の道を歩む

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

松の枝は、松食い虫にやられないのか?

上條恒彦氏・長峰山で撮影かな?
上條恒彦氏・長峰山で撮影かな?
全戸配布したレコード「わが町明科町町歌・明科音頭」全戸配布したレコード「わが町明科町町歌・明科音頭」
旧明科町は昭和43年、町制10周年に町の木に『柏』を選んだという。

昭和57年には、町制25周年を記念して、町歌を製作
作詞、作曲、そして歌までを、東筑摩郡朝日村出身の上條恒彦氏に依頼。
レコードを製作し、町内各戸に配布したという。
わが町明科町町歌・明科音頭

信州安曇野CANOEweb-site(しんしゅうあずみのカヌーウェブサイト)
http://www.azumino-canoe.com/

このページの中の、「参加者の皆さんにお願い 1」のページに
http://www.azumino-canoe.com/2004niji/wagamachi/wagamachi.html

現在は存在しない、明科町のドメインのリンクが張られていて、
歌が聞こえたようだが、現在はドメイン自体が存在しないので、歌は聞こえないが、驚くのはそのページの中の一文

もしかしたら、この歌をみんなで歌えるのは、これが最初で最後かもしれません。


要するに、歌は作ったが、旧明科町民は歌に愛着は無く歌わなかった。
レコードの裏面は「明科音頭」

こんな歌作って無駄遣いして、明科音頭なんぞで浮かれているから、旧明科町は倒産寸前にまでなってしまった。

以前のブログ記事で書いたが、安曇野市は合併10周年を記念して、510万円もかけて安曇野市の歌を作るという。
やることが、旧明科町と同じ
歌なんか作って、浮かれている状況じゃないのに。

前述のような状態で、ゴミでしかない明科なのに、旧南安曇の町村は、無条件・対等合併で受け入れて、何のメリットも無いのに、せっせ、せっせと助けてあげた。
その結果、現在の安曇野市の状況はどうだろう?

旧明科町役場を建て直してやり、年寄りの”サロン”も建ててやり、今後は保育園も。
山の松は松食い虫で丸裸。空中散布でもしないとどうにもならない。
水道は、水道管の老朽化で漏水が多く、有収率は50%ちょっとと、殆どが山の中のスプリンクラー状態で、地中に散水しているという信じられない状態で、どこを通っているかわからない水道管を今後、敷設替えしなければならないという。


山が”松食い虫被害”なら、明科地域から出馬・当選した安曇野市議は”松枝”だとさ。
松枝 功
http://www.matsueda-isao.com/

安曇野市を早期退職して、再就職先に安曇野市議会を選んだ。
税金を、最後の最後、骨の髄まで吸い尽くす、ゾンビ議員だと感じる。
あれやれ、これやれと、旧南安曇の住民の善意を食い物にして、要求をエスカレートしていく。
こういった議員は、明科の山の松と一緒に、松食い虫にやられて駆逐して欲しいとさえ、私は感じる。

旧明科町が、町の木として選んだ『柏』
5月5日の端午の節句の供物として用いられる。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。端午の節句に柏餅を食べるという文化は、元々は江戸で育まれたものである。

柏は、秋に枯れた葉が冬にはついたままで、次の葉が芽を出す春先まで葉が落ちない。
潔くない
要するにしつこいのだ。
安曇野の町村合併の状況そのもの。
明科という葉が枯れても、木にしがみつき、安曇野という大木の、宿り木になって復活。
これもまた”ゾンビ”

私は潔く散る桜が好きだ。
そして柏は、春先に葉が散らかるから大嫌い。

旧明科町の町民は、いくら旧南安曇の住民に迷惑をかけても平気。
今後もしつこく安曇野にくらいついて来る。

安曇野の北朝鮮、明科。

安曇野のお荷物? そんなこと気にしないニダ!
そんなこと考えるのは、バカだスムミダ!



↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

押野山は波平さん

もう、山崩して押野から19号線の長野方面へすんなり行く様にして貰った方が喜ばれませんでしょうかね?

それか、山を崩して土砂売って管理型最終処分場でも作れば、安曇野の借金も減るし市長の大好きな箱物も沢山つくれますよ!

市長はどちらにしろ外部に頼ってばかりでは駄目だから市内に処分場を検討してる様な事言っているのですから、明科は適地だと思いますよ。

最終的に震災が有っても長野方面に土砂は流れて、安曇野の水は守られる訳ですからね。

明科には悪いですが南安4町村に多少のメリットを感じる事しないと不公平ですよね。

明科は合併しただけでメリットが有ったのですから。

松枯れて波平さんの頭になった押野山は、今後植樹するにも土砂崩れの恐れは考えられるので、山を崩して開拓された方が明科の為でもあり『安曇野市の為』に繋がると私は簡単に考えます。

松の枝と松枝ねwww

笑っていただけましたか?

松枝なんぞどうでも良いですが、
とにかく明科は、安曇野の松食い虫です。

垢支那の実情

松食い虫(失礼?)松枝氏は、垢支那を分断するイムジン河の東側の出。
前議会にはイムジン河の東側には議員が2人いたが、1人は死去、1人は引退し、その2人分の票が貰えるチャンスとばかりに出馬。選挙の時、「4年後の選挙で垢支那から市長を出しましょう。4年後は私が市長選に出ます。その為に今回の選挙で私を市会議員にさせてください!」と訴えていた。
そして、イムジン側西側の土建屋の議員は「垢支那から市議会議長を!」と訴えていた。最初は垢支那の仲間達と反宮澤という素振りを見せていたが、宮澤有利となると一転し、宮澤側に付き、念願の市議会議長になった。
垢支那なんて、こんなのが議員になる未開の地。
そして殆んどの旧町民が、こんな2人のどちらかに投票した垢支那土着民族。
「なろう一つに」なんてバカな事をスローガンにしているのも垢支那の○○放送。
高瀬川と梓川を境にして、安曇野東西分断の38度線を引いた方が良いぞ!
田沢は飛び地。

安曇野の松食い虫は

次期市長選出馬予定で、取りあえず市議選ですか。
よほど何かして、知名度を上げるか、タレント的な人気が無い限り、平壌から出馬しても、穂高・豊科から出馬されれば、間違いなく落選するから良いですが、腹黒い奴なんですね、松食い虫は。

しかし、それが事実なら、明科の人間の非常識さには驚くばかりです。
このコメントで、明科は徹底的に叩かなければいけないと感じました。
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon