スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 ロケ支援体制拡充へ

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

市が制作者の交通費補助 魅力を発信する機会に
市が制作者の交通費補助 魅力を発信する機会に
安曇野市は新年度、市内での旅行雑誌の取材や映画・テレビ番組の撮影(ロケ)の支援体制を拡充する。関係者が市内を訪れる際の経費を補助する仕組みをつくる。すでにインターネットのホームページ(HP)を使ったロケ地としてのPRや、エキストラの登録を行っており、取材・制作者が市内に訪れやすい環境を整えることで市の魅力を発信すヤンスを増やす。
14-03-13(小坂 功)
新年度一般会計当初予算案に関連の100万円を計上した。旅行雑誌などの関係者が来訪する際の交通機関の運賃や、映画制作クルーの宿泊費の一部補助などを想定している。
本年度は単発のテレビドラマ2件、旅行番組8件、ラジオやテレビCM3件の計13件を受け入れた。平成24年度は映画など8件、NHK連続テレビ小説「おひさま」が放送された23年度は特に多く16件の収録があった。
安曇野市は首都圏からほどよい距離で優れた景観も多く、市は「ロケ撮影はもっと多くてもいいはず」とみている。いつまでも「おひさま」効果に頼らずに安曇野市の良いイメージを発信する機会を増やし、観光誘客につなげる考えだ。本年度は、撮影適地の紹介やエキストラ登録制度などロケ支援情報を載せるHPの内容を見直す作業を進めている。
発足から9年目に入った安曇野市の知名度は、20~30代の若い世代を中心に低いという民間研究機関の調査結果がある。市安曇野ブランド推進室は「市内の風景をできるだけ多くメディアに流し、安曇野に興味を持ってもらえるきっかけを増やしたい」としている。


市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている地域新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

こんな記事が、市民タイムスに出ていました。

ロケ支援体制拡充へ 市が制作者の交通費補助 魅力を発信する機会に

【映像製作者の皆様へ】 ロケ地探しは ご相談ください
http://www.city.azumino.nagano.jp/gyosei/kakuka/shoko/brand/oshirase/azuminofilmpartners.html

誇り(特産品)となっていますが、なぜ、特産品としないのか?
温泉 温泉とは名ばかりで、中身は単なるスーパー銭湯「ほりでーゆー四季の郷」がメイン?
道祖神 
最近作られた道祖神がメイン。何故か「早春賦・歌碑」まで、道祖神の仲間入り。
地元に住んでいて、「水色の時道祖神」を見たいと思った事は一度もない。

ドラマ生む町並み1
ドラマ生む町並み2
こんな町並み?の、どこが素晴らしい?
紹介されている場所は、町並みと言えるのだろうか?
こんな風景が放送されたからって、わざわざ見に行こうなんて観光客は、そうはいない。

美術館・博物館
美術館巡りをする観光客って、そんなにいるの?

碌山美術館では観光バスやタクシーも見かけるけど、それ以外の美術館では、あまり見たことがありません。

神社・仏閣
穂高神社や栗尾山・満願寺は、祭りや花の時期なら「行っても良いな」と思うけど、それ以外は??? だな。

 光橋からの眺めは私も好きだけど、車を駐めて見る場所がない。
通り過ぎるだけ。

催事・イベント
観光草競馬、見た事無い。見たいとも思わない。
馬券でもあれば、一度くらいは行っても良い。

YOSAKOIって、北海道で成功した「よさこいソーラン祭り」の真似だよね。
真似でも成功すれば良いけど、YOSAKOIをWikiで調べてみると、
YOSAKOI
http://ja.wikipedia.org/wiki/YOSAKOI
ここを見ても、安曇野なんて出てこない。
要するに、「よさこい」じゃなく「よさごみ」の祭りってことで、誘客効果なし。
一部のアホが一生懸命やっているだけの祭り。

こういうのを、しっかり読んだ方が良い。
北海道「よさこいソーラン祭り」ってやる意味がありますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1164098511

 なぜ、光城山の桜の紹介が無い?

公園・観光施設
結局のところ安曇野には「わさび畑」と、「国営アルプスあづみの公園」しかないんだよね。
しかも、「国営アルプスあづみの公園」は、安曇野になんか無かった「棚田」をイメージって、完全に詐欺だよね。
NHKの朝ドラ「おひさま」の撮影が行われた場所から南の、これから開園予定の場所で、農地の中に所々木が茂っている場所は、かつては墓地だった場所。
そんなところで弁当広げて食べるに気になるんかい、都会の人は?

川・池・滝
延命水は、見た目は綺麗
だけど、延命水の前の道路を上へ車で行ってごらん。
道がカーブして、延命水の真上を通過している。
そこには道路を水が流れている。
その水が、延命水に混じっているんだよ。
そんな水を延命水として汲みにくるって、これも詐欺だよね。

 ここで紹介されている駅で、なんか特別PRできる駅ってどこなの?
みんな、普通の駅だよね。


繰り返し書きますが、安曇野に観光客を滞在させることはできません。
「綺麗だね」って、残雪の北アルプスを眺めながら、通過するだけの観光地です。

観光施策に金を使うのは税金の無駄遣いです。
電話の応対もまともにできない。
お薦めの観光プランを聞いても即答できない。
「安曇野の原風景」はどこにあるのか、みなさん、安曇野市の観光課に問い合わせてみてください。
やれ「安曇野ブランド推進」だ、やれ「観光PR」だと、出張するのは良いけれど、出張とは名ばかりで、ノルマなんかあって無いようなもの。
実際には安曇野市職員は、”出張旅行”を楽しんでいるだけなのですよ。

そういうことが、安曇野市議さんや安曇野市民にはわからないのでしょうか?

とにかく現在のままでは、安曇野には観光客は滞在してもらえない。
何をやっても、これ以上誘客は望めません。
だから現状維持で、これ以上観光施策に金をかけるのはやめよう。
安曇野市は、しっかり方針を決めるべきです。

追記:
安曇野イメージ写真 陽子たちの希望となった蕎麦の畑安曇野イメージ写真 陽子たちの希望となった蕎麦の畑
田舎のオヤジさん、
コメントいただいた写真は、この写真のことですよね?
私は良くわかりませんが、確かに違和感を感じます。
合成写真ということですか?







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

撮影適地の紹介するにあたり

安曇野すまいる

http://ohisama.azumino-e-tabi.net/

これの『陽子たちの希望となった 蕎麦の花畑』の画像の場所を紹介して欲しいと言われたら、ブランド推進室はどちらを紹介するのでしょうかね。

正直にCG合成偽造風景と答えるか、個々の合成した場所を紹介するのでしょうか?

記事を追記しました。

合成写真?

完全に合成写真ですね。

山の景色は以前も私のブログでお話した通り烏川郵便局の北西辺りで、3本煙突の建物はあの辺りにありましっけ?

この風景はポスターにもなってますから観光客がこの景色を見て場所を訪ねてくる事も多々あります。

こんな偽りの景色の場所を観光客に教えてくれと言われても、観光客に絶望感を与えてしまうだけで安曇野市民として、非常に申し訳なく思います。

コチラが観光客に対し何故、罪悪感を感じないといけないのでしょうか?

個人的にコチラの景色の方が良いと常念道祖神の方を教えます。
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon