スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 天蚕のロゴマーク完成

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
「ふなっしー」一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

希少性と高級感を表現
天蚕のロゴマーク完成 希少性と高級感を表現
安曇野市穂高有明の伝統工芸「穂高天蚕糸」の保護、育成に取り組む市天蚕振興会(木口和英会長)は、国内外に天蚕をPRしていくためのロゴマーク=写真=を作成した。八角形に独特の薄緑色の糸を巻きつけたデザインで「繊維のダイヤモンド」と呼ばれる天蚕糸の希少性と高級感を表現している。
市内産米のロゴマークを手掛けるグラフィックデザイナー・轟久志さん(40)=長野市=の作品で、洋装品開発に協力してもらっているテキスタイルデザイナー・須藤玲子さんの意見を参考に15案の中から選んだ。26日と27日に東京・有楽町のジャパンシルクセンターで開く絹製品の展示会でパネルにして掲示するほか、関係者に送るダイレクトメール1000枚にも印刷した。あらゆる製品に使用していく。
東京の展示会では、定番の和装品に加え、須藤さんデザインのストールなどデザイン性の高い洋装品も展示する。木口会長は「ロゴマークが完成して天蚕を知らない人にも一目でアピールできるようになった。統一したイメージで売り込んでいきたい」と張り切っている。
14--03-08(浅川寛子)


市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている地域新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

こんな記事が、市民タイムスに出ていました。

天蚕のロゴマーク完成 希少性と高級感を表現

天蚕センターというと、かつては穂高町の町営になっていたと思うのですが、現在も「市天蚕振興会」となっていますから、安曇野市のお金が相当支出されていると思います。

で、今回決定されたというロゴマーク
こんなチープなデザインで、希少性と高級感を表現しているとは、到底思えない。
こんなお粗末なデザインに、いくらの金をかけたのだろう?

増田望三郎市議のブログを見ると、
http://bouzaburo.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
・市歌の制定・・・511万
となっていますが、これもふざけるなと言いたい。

近隣の市で、市歌の制定をしているところはありません。
 ・塩尻市 市歌なし
 ・大町市 市歌なし
 ・松本市 昭和15年制定 
松本市はその後、松本市制施行90周年記念で市民からコンクールで公募した
松本のうた」がありますが、
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/miryoku/miryoku/uta.html

それだけで、昭和15年に制定された松本市歌は、戦前に制定されたため、歌詞が時代にそぐわず、そのまま忘れ去られていきました。

松本市の市歌はなぜ忘れ去られていったのか?
それは、市歌の必要性がないからです。

塩尻市も大町市も、市歌の制定をしていないということは、市歌の必要性がないからです。
私が調べた限りでは、市歌のPRをしているのは、長野県内では長野市くらいなもの。
そのPRも、多分、長野市職員が暇で困るので、あえて自分たちで作った仕事でしょう。
利用実績は、ほとんどないそうです。

で、安曇野市職員も、やはり暇で仕事がない。
そこで「おいおい、来年度はさ、合併10周年に併せて市歌の制定でもしてみるか?(笑」
そんな程度の安易な考えで、予算はなんと511万円
「ふざけるな!」と言いたい。
ちょっと歌われるだけで、忘れ去られてしまう。
必要性のないそんなものに、無駄な金を使いすぎ!

安曇野市には、低レベルな安曇野市職員とは違い、優秀で才能を持った市民が沢山います。
だから、市歌の制定が必要なら、「広報あづみの」ででも公募すれば、511万円なんて金なんか、かかるはずがない。

外部委託するなら、今話題の「佐村河内守氏」にても依頼すれば、無料で喜んで作曲してくれるかも知れない。
そうすれば一躍、安曇野市は有名になる(笑

本当に、安曇野市政はレベルが低い!





↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

市歌は要らない!

おひさまは姫野カオルコのハルカ・エイティの盗作疑惑があり、主題曲はBarry ManilowのI write the songsの盗作疑惑と安曇野に盗作疑惑をもたらした作品があるのに、市歌なんて物まで出てきたら、当たり前の様に盗作疑惑が浮かび上がる予感がします。

真似事大好き安曇野市

盗作大好き安曇野市のレッテルはおひさまが消滅しない限り言われ続けます。

ホント、おひさま効果は絶大です。


補足
姫野カオルコさんのブログから一部コピペ
ほんとにNHK東京から『ハルカ・エイティ』を朝の連続ドラマに、という連絡が来たんです。
ただ、NHKからの条件があった。
・「風のはるか」という連ドラがあったので、タイトルを変える
・舞台を、関西ではなく、方言のない地方に変える
・朝にはふさわしくないシーン(主人公が夫以外の男性と恋愛する場面など)は
アレンジする
この3点。
「ですから、原案、ということにして、いいでしょうか?」
というような旨が、NHKからの連絡でした。

Barry ManilowのI write the songs

Youtubeで検索して聞いたら、サビの部分はまさにソックリですね。
ストーリーも、姫野カオルコさんの「ハルカ・エイティ」の盗作疑惑があったんですね。
知りませんでした。
田舎のオヤジさんは、なかなか物知りですね。

500万以上もかけて市歌を作るなんてのは、顔を売っている誰かの、
利権がらみかも知れませんね。

安曇野+

おひさま=盗作・真似事(偽物)・偽善者です。

安曇野+N○K=金絡み・綺麗事・逆ギレです。

まだまだ有ります。

安曇野+国○交○省関東地方整備局国営アルプスあ○みの公園事務所+N○K=責任逃れ・隠蔽工作・無許可・自然破壊・等々…

正直者は悪者扱いですよ。

私はこの出来事があってから人間不信ですよ!

常識・良心の有る人にはどちらが正しいか解りますよね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

市歌なんて必要無いと思うんですが?

何の為に市歌を作るのですか?

国には国歌があり、県には信濃の国があり、それじゃあ安曇野市にもなんて考えでしょうか?

合併して一向にまとまらない安曇野市を市歌でも作って一つになろうなんて馬鹿げた発想じゃないですよね。

そして議会が始まる前にでも市歌を歌い、各、保小中学校では強制的に市歌を歌わせたりするのでしょうか?

あの~?安曇野市は北朝鮮の真似事も始めたりしちゃうのでしょうか?

511万円もの大金の予算を検討しているのでしたら、違う事に使って貰いたいです。

個人的には安曇野市内の危険箇所の改善に利用する等した方が、どれだけ市民に喜ばれるのではないかと考えますけどね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon