スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

95%の嘘と、5%の真実

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら


ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

世の中は八百長で動かされている

過日のブログ記事、95%の嘘と5%の真実で何が嘘なのか? と

そこで、いくつかの嘘をお話ししましょう。

大きな嘘ほど、人は騙されやすい。

日本航空123便墜落事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本航空123便墜落事故

1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)[※ 1]に墜落した事故である。

報道された表向きの事故原因は、以前尻餅事故を起こした当該機体を修理した際、ボーイング社の圧力隔壁修理ミスにより、垂直尾翼が吹き飛ばされ、操縦不能に陥った。

こんなのは大嘘です。
ボーイング社が、裏取引に応じたのか、あっさりと責任を認めた事になっています。
裁判大国アメリカの企業が、通常は、そんなに簡単に責任を認めるはずはありません。
みなさん、そんな程度のことは、おわかりになりますよね?

真実は、自衛隊による日航機撃墜事件なのです。

[日本航空123便墜落事故]  自殺した航空自衛隊員が所持していた 2枚の写真 (世界の真実の姿を求めて!)
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/474.html

これには、結局犯人が捕まらなかった「グリコ森永事件」が絡んでいるわけです。

日航機墜落事故 グリコ森永事件」 で検索してみてください。
「日本の真相」そして「日本の闇」が見えてきます。


刺された直後の村井秀夫
刺された直後の村井秀夫
村井秀夫の検視遺体村井秀夫の検視遺体
オウムの村井秀夫が何故、刺殺されたのか。

「村井秀夫はかく語りき」オウム真理教科学技術省大臣vs筑紫哲也
http://www.youtube.com/watch?v=qRWvEZep1T8

この動画では、地震兵器の可能性について、言及しています。
地震兵器については、国会の答弁でも行われていますが、第二次世界大戦中から各国が研究しており、竹中平蔵は地震兵器で脅されたなんて話しも、ネット上には

阿修羅コメント・ベンジャミンフルフォードさんの語る『地震兵器』・・竹中・・「・・日本が地震兵器で脅されたからやった・・」
http://www.asyura2.com/09/jisin16/msg/403.html

こんなブログも面白いと思います。
9.11は陰謀

アメリカ同時多発テロ事件陰謀説
http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ同時多発テロ事件陰謀説

これは、明らかにアメリカ政府が絡んだ、自作自演のテロ事件です。
自作自演として、誰にでもわかってもらえる一番明白な事としては、第7ビルの倒壊です。

テレビでは、第7ビルが倒壊していないのにもかかわらず、第7ビルが倒壊したと、フライング報道をしています。
【生放送】BBC「WTC第7ビルが倒壊しました!」 →→ 10分後に倒壊www
http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/e1b74142a9d451b50ea3898bb0ca86eb

飛行機が突っ込んだわけでもない、世界貿易センタービルからも離れた第7ビルが、自然倒壊なんかするはずないでしょう。
貿易センタービルが倒壊しただけで、離れたビルが倒壊するなら、世界中のビルが倒壊したって不思議ではありません。

それに、様々なハイジャック防止のためのチェックがなされているのに、アメリカの飛行機が同時に何機もハイジャックされるって、そんなことあり得ますか?



古い話では、ケネディー暗殺も、「リー・ハーヴェイ・オズワルド」の単独犯行でなんかあり得ない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/リー・ハーヴェイ・オズワルド


一人で前方、後方から短時間で、狙撃なんか出来るはずがないでしょ。
狙撃の瞬間が映像にも、しっかり残って、誰が見てもおかしいと思うのに、真実を追求しようとしても、国家権力や、陰の支配者の力によって、結局はうやむやにされてしまう。

ケネディ大統領暗殺事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/ケネディ大統領暗殺事件

事件捜査資料は2039年まで未公開
公開されても、真相が解明されるかも不明
要するに、真相は闇の中になる可能性は高い
2039年まで、私も生きていたいのですが、多分無理

悪人は長生きするようですが、残念ながら、私のような善人は寿命が短いのですから(笑


このような大事件が、真相も究明されずに、なぜ結局うやむやになってしまうのか?

それは簡単な話し
自分には真相がどうだろうが、全く関係ないと考えるからです。
真相がわかれば面白いでしょうが、わからなくても何も被害はない。
自分への、直接の利害はわからないから、興味がうすれればそれ以上何も言わない。
そして、自然に忘れられていく。

それだけです。
「外国や、日本でも国政だけの話し」じゃないんですよ。
身近な安曇野市政でも、同じ事があるのに、安曇野市民は無関心。

談合やろうが、贈収賄やろうが全く無関心。
明日は、この続きでも少し書いてみましょうか?







↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon