スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市政に必要なのは

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら
安曇野市の職員資質

昨年7月7日(日)夜9時から、全10話で「半沢直樹」が放送されました。
私は、人気ドラマは録画保存し、後から連続で見るようにしています。
2~3回放送されると人気の度合いがわかりますよね。
NASに保存した動画を、夜中に布団の中で、Wi-Fiを利用してiPhoneで見直しています。
「リーガル・ハイ」とかも

最近では「明日、ママがいない」や「三匹のおっさん」
「明日、ママがいない」は、
全国児童養護施設協議会(全養協)と全国里親会が会見を開き、「視聴者の誤解と偏見を呼び、施設で生活している子どもたちの人権を侵害しかねない」と批判した上で、子どもへの差別や偏見を助長するような表現を改めるよう求めた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/明日、ママがいない

と、初回放送で大きな反響を呼び、スポンサーが降板するなど話題となっています。
4回目以降では、世論(せろん・よろんは誤読)を考慮し、内容や表現を修正しているようです。
これも、現在NASに保存中なので、放送が終了したら、まとめて見ます。

半沢直樹
半沢直樹
「渡真利忍」(とまりしのぶ)
「渡真利忍」(とまりしのぶ)
「内藤 寛」(ないとうひろし)
「内藤 寛」(ないとうひろし)
「小木曽次長」(おぎそ)
「小木曽次長」(おぎそ)
「古里則夫」(こざとのりお)
「古里則夫」(こざとのりお)
話は「半沢直樹」に戻して、最初に、私は良くあんな内容が銀行からあまりクレームも付かずに放送されたと感じました。
銀行をあそこまで「悪の巣窟」に書き上げ、放送する。

私は、銀行には悪いイメージや、不安は感じていませんでしたが、
「自主調査 銀行のイメージに関するアンケート」
http://www.marsh-research.co.jp/examine/ex1608.html

こんなのを見ると、銀行に不安を感じている人が、結構多いようです。

しかし、銀行だったら不安を感じたり、サービスが悪ければ変えればいいだけです。
最近ではネットバンクサービスにより、銀行の店舗窓口まで足を運ばなくても、自宅のPCから殆どの手続きが可能になりました。

一番肝心なのは、問題があった場合の対処。
銀行なら何かあれば必ず対処して貰えます。
これは重要で、私はけっこう海外からいろんな物を購入していますが、以前あったイーバンク(現在は・楽天銀行)のデビットカードを利用した際、不正決済され数十万の被害に遭ったのですが、3ヶ月ほどでちゃんと戻入してくれました。
さすがだと感じました。


しかし行政は、サービスや職員態度が悪いからと、変えるわけにはいきません。
企業に例えれば、独占禁止法に抵触する企業となるわけですので、本来ならもっとも顧客(安曇野市民)に気を遣わなければならないのに、そうった職員教育が全く行われていない。
それに、一番肝心な問題があった場合の対処。
何かあっても、誰も責任をとらない。


テレビドラマ「半沢直樹」では、「半沢直樹」(はんざわなおき)と「渡真利忍」(とまりしのぶ)が、銀行内部の悪と闘うわけですが、これを独占企業である安曇野市政に置き換えてみましょう。

本来なら安曇野市職員は「半沢直樹」(はんざわなおき)と「渡真利忍」(とまりしのぶ)が職員の全てで、半沢慎之助(はんざわしんのすけ)のように困っている顧客を助け、内部の間違いは正していかなければいけない。

それなのに実際は、中間管理職は「小木曽次長」(おぎそ)や「古里則夫」(こざとのりお)ばかりで、「内藤 寛」(ないとうひろし)のような人物はいない。


私は半沢慎之助(はんざわしんのすけ)のように、安曇野市職員から泣かされた。
そして、苦情を言って中途半端な対処はしてもらっても、被った被害は補償してもらえない。

これって、何か違うんじゃないでしょうか?

安曇野市政に必要なものは、借金しまくりのハード事業ではなく、
「半沢直樹」(はんざわなおき)は極端にしても、
「渡真利忍」(とまりしのぶ)のように職員を育てるソフト事業だと、私は考えます。





↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

ディズニーランドに行って来ました。

ディズニーランドで遊んだのですが、一番下のチビがテンション上がり過ぎてアトラクション待ちの列で転んで手摺りに顔面強打して瞼を切ってしまい、慌ててスタッフに声を掛けて救護室へ案内して貰いました。

そして応急処置をして頂き、病院に行った方が良いと言われ浦安駅からタクシーに乗り順天堂大学病院を紹介され行って来ました。

そして、病院で処置して視力検査と目の奥が傷んでいないか検査して貰い大丈夫だと言われたのでディズニーランドに戻りました。

その時に私が感じた事は、ディズニーランドスタッフの連携の良さでした。

チビが怪我をして救護室へ行くまでに対応してくれた方は3人。

私が一人目のスタッフに声を掛け、二人目の担当スタッフが早急に来て案内されてアトラクションの外へ。
そして救護室まで案内して頂く三人目のスタッフへと連携よく対応して頂きました。

余談ですが、病院まで行く時のタクシーの運転手にディズニーランドで救急車に乗せてって貰える筈だよと言われました。

私も慌てていたので、後で落ち着いて考えみたら、確かに最初にディズニーランドから病院まで片道案内しますと言われていたのです。

その他に自分の自動車で病院まで行くか、タクシーで行くかと言われ私もパニクってた事もありタクシーで行くと言っていたのです( ̄○ ̄;)
救急車で行っていたら病院の待ち時間も少なかったでしょうと、後になり考えてしまいました(゜∀゜;ノ)ノ

話は変わりますが、ディズニーランド内には様々なスタッフが居たのですが、私がどうしても注目してしまうスタッフは、清掃スタッフです。

様々な場所で色んなポップコーンが売られていたのですが、家の子もポップコーンをボロボロ落としてしまいました。
そしたら、清掃スタッフの方が来て、大丈夫ですよと声を掛けて下さり早急に清掃して頂きました。

後、鳩も清掃スタッフの一員でしょうかw
鳩も清掃活動のお手伝いをしています。www

さて、安曇野市と比較しましょう。

安曇野市は絶対に見習った方が良いと考えますよ。

国営アルプスあづみの公園も絶対にディズニーランドのスタッフを見習った方が良いと考えますよ。

良い事は取り入れるべきです。

市民・観光客が不満を言ってる様な安曇野では駄目なのです。

ディズニーランドではたくさんのおもてなしを頂きました。

千葉県浦安市、『ありがとう』です(^∀^)ノ


ふざけたおやじだよな

毒舌でも面白いから許す

Re:ふざけたおやじだよな

ふざけたおやじとは私の事かや??
オヤジと言っても、30代ですけどね~w

だったら私のブログで根拠あるコメント下さいな( ~っ~)/(><)\(°0°)

あんたが大将さん、勝手にブログPRさせて頂きま~す(^∀^)ノ

おらとこの周りは無法者地帯
http://blogs.yahoo.co.jp/mekadogtype2
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon