スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市の職員資質

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、
拍手をいただけた記事はこちら

安曇野市・中央図書館注意書き
安曇野市・中央図書館注意書き

中学生、高校生の公共施設でのマナーについて

当センターを利用している中学生、高校生のマナー違反に対する苦情が寄せられています。
その多くは、エントランスホールのテーブル席を長時間使用し続けたり、大きな声で騒ぐ、昼寝、お菓子を食べた後に出たゴミを持ち帰らない、などに対してです。
穂高交流学習センターを使用する際は、以下のことを守ってください。

・自習はエントランスホールのテーブル席を使用せず、必ず地域学習室(自習スペース)を使用すること

・エントランスホールのテーブル席では、ゲーム機で遊ぶために使用しないこと

・施設内の自動販売機で購入した缶やペットボトルなど以外のごみはすべて持ち帰ること。

・施設内で大きな声で騒いだり、走り回ったりしないこと。


人の心は外面に出てくる
仕事の成果は、その人の気持ちの現れ。


安曇野市穂高の中央図書館
呼称は「みらい」とか言うらしいが、以前のブログ記事でも書いたとおり、「未来」は感じられない。
また、中央図書館となっていても私には、気持ち的にも場所的にも、安曇野の中央には感じられない。
中央図書館とするなら、現在建設中の安曇野市・新市庁舎のとなりの「豊科図書館・きぼう」だったろうに。

で、毎回「細かい事を」と言われそうだが、具体例で示してお話させて頂くので、お許し頂きたい。

わたくし的には「中央」には思えない「安曇野市・中央図書館」
このロビーには、写真のような注意書きが置かれています。

この注意書きを、よーくお読みいただきたい。
文章が少しおかしい。
国語力を疑うが、問題は内容。

この注意書きを読んでみて、何も感じない方は、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
何かを感じた方は、もう少しお付き合いください。

私がこの注意書きを見る限りでは、この注意書きからは、この注意書きを作った担当者の「怒りの気持ち」しか感じられない。
要するに「注意」ではなく「怒り」

子供を育てる場合、躾のつもりで間違えるのが「叱る」と「怒る」
親は幼子に対して、怒りにまかせて怒鳴りつけたり、体罰を加えて「怒る」
良くやる間違いだと感じる。

自分も同じ間違いを犯してきたから、人の事が言えた義理ではないが.....
でも、「誰でも人生一年生」
何歳からでもやり直しはできる。
そう思って、前向きに生きようと毎日努力している。

しかし、この注意書きを読む限りでは、そういった安曇野市職員の前向きな心は全く感じられない。
この担当者の気持ちを要約すれば、
「おい、そこの中学生や高校生、大人から苦情が来ているから静かにしろよな!」
「ゴミは捨てていくな、ちゃんと片付けろ!」
「ゲームやってさわぐな!」
「俺たちの言うこときけよ、わかったか?」

こんな感じの上から目線で、私には憎悪さえ感じる。

そんな担当者の気持ちが、如実に現れている注意書きとなっているわけです。

しかし、これは単に安曇野市中央図書館の、一担当者がそうだったではすみません。
この注意書きは、たまたま中学生、高校生となっていますが、実際は安曇野市民に向けた感情が現れているわけです。

ごくまれに図書館利用をさせてもらう私ですが、見ていると、事務室にいる事務方の職員は、殆ど周囲の事を気にしていない。
カウンターの呼び鈴を押しても、すぐには腰を上げない。
以前のブログでも書いた、元豊科○中の校長先生・○○○○氏は、イスにふんぞり返り、インターネット画面を操作し続ける。
何のための責任者なのかを、全く理解して仕事をしていない。

呼び鈴なんか押さなくても、笑顔ですぐに腰を上げろよ!
青柳さん、そういう風に安曇野市職員を育てろよ!

そう言いたい。


一番の窓口よりにいる若手の「○○○○」という職員が、多分あの注意書きを作成したのだろうと想像する。
この職員は、安曇野市の職員の中でも態度が良くない部類だと感じる。
ふてくされたような顔の表情は良くない。
対応も悪い。

こんな職員が山ほど居るんで、とにかく何とかして欲しいが、無理なんだよね。

五時過ぎから来る、臨時職員の方々
この方たちは、非常に礼儀正しい。
挨拶もきちんとしてくれるから気持ちが良い。
そして何より、仕事に対する誠意、誠実さを感じる。

安曇野市職員は、職員資質が臨時職員の方以下だから、給料も臨時職員以下でいい。
そして、臨時職員さんから教育を受けるべきだと感じる。

ブログに書いて憂さ晴らし。
それしか出来ないんですよ、安曇野市民は。

小さな事から変えていく。
小さな事から努力する。
安曇野市は、そういった基本的なことを改革しなきゃいけない初歩的状態

そんな初歩的状態で、基礎もしっかりしていないのに、上物ばかり建てようとしても、どだい無理な話。
安曇野市長始め、安曇野市のボンクラ幹部職員はハード(建物)よりも、ソフト(人材育成)が大事ってことが全くわかっていない。

そういうことが、本来はチェック機能を果たすべき安曇野市議がチェックし、指摘しなきゃいけないことだと感じるが、安曇野市議さんもまったく理解していない。

○○して、身近な同僚おばさん職員と親密なつきあいをするのが課長職だと思ったら大間違いだよ。
そういうこと、わかってないよね?

追記:
ご批判もいただきましたが、たくさんの拍手もいただけました。
ありがとうございます。

また、不適切部分を一部修正をしました。

こんな些末な事は書きたくありません。
しかし、皆様におわかりいただけるように、
具体例をお示しして、お話しさせていただいている訳です。
ご理解頂きたいです。






↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

この注意書きと

あんたが大将さんが書いてる内容は、我が子の通う小学校の校長の態度と全く同じです。

実際に見た訳でもないのに、苦情者の言われた事を真に受け、目下の者に対して頭ごなして言う。

その横柄な態度を改善するか出来ないなら人員交代しないと誰も信用しないと考えます。

今、安曇野に必要な物は最低限のハード事業と、メインはソフト事業だと私は考えます。

世の中不景気ですから、良い人材は溢れかえっていると考えますから、役に立つ人材を雇って欲しい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

異論は結構ですよ

ご意見ありがとうございます。

私はね、図書館の人が、迷惑行為に対して注意するのは当たり前
しかし、注意するにも仕方があると言っているわけです。
この件に関しては、続きで書かせて頂きますので、
再びご意見を頂ければと思います。

実名は、しばらくしたら修正するつもりでいましたので、修正しました。
こういった意見をいただけるという事は、多少、読者が増えたという事ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みらい?

多くの市民の反対を押し切って、大きな借金をして穂高に「みらい」と豊科に「きぼう」を建てた。
これからも箱物がたくさん建てられる。
このままでは、安曇野市民には未来も希望もない。
待っているのは苦しい借金地獄だけ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon