スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野の方言

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

ブログ記事、タイトル一覧はこちらブログ記事、
タイトル一覧はこちら
一番たくさん、拍手をいただけた記事はこちら一番たくさん、
拍手をいただけた記事はこちら


こんな話しや言葉遣い

○○になります。
○円からお預かりします。
にくじる
etc.....

飲食店で、注文したものが運ばれてきて「○○になります」って言われると、「お前、ちがうだろ。○○でございます、だろ?」って言いたくなる。

商品を買うために1,000円出すと店員が「1,000円からお預かりします」って、「1,000円から何を預かるの?」って聞きたくなる。「1,000円お預かりします」で良いだろう?

気になっているのは、私だけではないみたいだ。
気になる日本語についてのアンケート-2-
https://www.saku2.net/result/result_words2.html


テレビのグルメ番組で「この”にくじる”が、たまりませんねー」って、何かまずそう。
「お前それ、”にくじゅう”だろう?」って、テレビに向かって言いたくなる。
お前は「果汁」を「かじる」って言うのか?

[ネタ] 肉汁 
http://d.hatena.ne.jp/negen/20051205
こんなブログも面白い。「じゅう」と「じる」の違いが案外わかる

気になって仕方がないが、言葉というものは時代と共に変化していくからどうしようもない。

弥生時代や平安時代の日本人と、現代人が会話をしても、多分会話は成立しない。
そんな前までさかのぼらなくても、最近までは方言での日本人同士の会話は成立しなかった。
1970年に開催された「大阪万博」でも、方言の通訳がいたってくらいだからなあ。

”しょうじゅんご”(冗談)だか”ひょうじゅんご”、”きょうつうご”なんてのは、メディアが発達しだした最近の話し。

子供の頃に聞いたラジオは、こんな感じだったか?子供の頃に聞いたラジオは、こんな感じだったか?
子供の頃に、大きな木製の筐体の、三球真空管ラジオから聞こえてくる事が、自分の生活空間以外から聞こえてくるものの全て、という子供時代から私は育った。

社会に出て、知らずに何気なく話した安曇の言葉を笑われると恥ずかしかった。
でも、今考えてみると、そしてこの年になってみると、何も恥ずかしくない。
むしろ、安曇の”じべえ”の言葉を話せるとしたら、誇らしいのではないか。
そんな気さえする。

安曇では「を」を「wo」と発音していたと思うし、小学校でも「wo」と教わった。
しかし、最近では「o」と発音する人が多いのではないか。
孫の言葉を良く聞くと「o」と発音しているから、学校の先生は教えていないんだろう。

安曇野を舞台にしたNHKの朝ドラ「おひさま」での、
「うんまいねえ」や「おいでなさんし」なんて言葉は、聞いたことがなかった。
聞いたことがなかったから、使ったこともなかった。

なのに、テレビで放送されただけで、「新安曇の方言」に、なってしまっているから恐ろしい。
安曇野の人間は喜んで、「おいでなさんし」なんてポスターを、商店の前に貼っているのをいまだに見かける。
こういうのを見ると、”やらせ”や、偏向報道を繰り返す、メディアの責任が大きすぎると感じる。


NHKの梅津アナ(ことばおじさん)NHKの梅津アナ(ことばおじさん)
NHK、ドラマはいい加減だが、「トクする日本語」は勉強になる
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/
例えば「だらしない」の語源が「しだらない」だった。
"だらしない"は"しだらない"?
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/122518.html

とにかく言葉は、時代と共変化していく。
「偏屈爺」が何か言っても、どうしようもない。






明日は再び、安曇野市職員の職務怠慢や、職員資質についての話題です。

追記:
「とんじる」と「ぶたじる」は面白い!
http://www.consadole.net/kagayaki/article/792

わたし? わたしはもちろん「とんじる」って言います。
「ぶたじる」って聞くと、なんかまずそう





↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

言葉遣い

>○○になります。
○円からお預かりします。
にくじる

その他にも、雰囲気→『ふいんき』と言う馬鹿は多い。

私も違うだろと心の中でツッコミ入れてます(><)\(°0°)


『おいでなさんし』
は証言から個人的にまとめても安曇野の方言ではありませんね。

『うんまい』は北信方面(飯山)で聞きました。

おいでなさんしのポスターは商工会のポスターですね。

流行らせるならそれなりに安曇野市としての努力と統一が無かったから流行語にも成らず終いで、行政の力不足とずくなしで地元は荒らされただけの結果になりました。

それなのにブランド推進室には何の責任も問われないのですから気楽なもんですよね。

全て中途半端ですよ!

あっ!また悪い癖が…

おひさまの話題を振られると、血圧上昇と共に血管がブチ切れそうになってしまうもので。

重度の後遺症です。

大真面目に

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon