スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野市 当初予算 初の400億円超

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-130.html

新年度案 市の理事者査定始まる
当初予算 初の400億円超 新年度案 市の理事者査定始まる
安曇野市の平成26年度当初予算案の編成作業は20日、宮沢宗弘市長と村上広志副市長による理事者査定が始まり、大詰めの段階に入った。最終事業年度を迎える市役所新本庁舎建設をはじめ施設整備が重なり、普通建設事業費が膨らむことなどから、一般会計が初めて400億円を超える見通しだ。月内に査定を終え、2月中旬に予算案を発表する。
中略・・・・・
新本庁舎建設は最終年度を迎えるものの、市営温泉宿泊施設・しゃくなげ荘の日帰り入浴施設への建て替えに伴う周辺整備や豊科公民館ホールの大規模改修など引き続きハード事業は多く、計画的な借り入れが必要となる。普通建設事業費は26年度がピークで、ハード事業の財源としての合併特例債の本年度末の借入額は、前年度末より37億円増えて165億円ほどになる見通しだ。
消費増税に伴い地方消費税交付金は増えるものの、支出も多くなる。消費増税への対策として、非課税世帯に1万~1万5000円を支給する「臨時福祉給付金」や児童手当の支給世帯に配る「子育て世帯臨時特例給付金」などの国の対策もあり予算規模が膨らんだ。宮沢市長は「ハード事業がかさむ中、検診や子供たちの国際交流事業の充実など、公約に沿ったソフト事業を少しでも盛り込んでいきたい」と話している。
14-01-21(浅川寛子)

市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている地域新聞です。
著作権侵害にならないよう、全文転載は控えます。市民タイムスをご購読ください。

こんな記事が、市民タイムスに出ていました。

当初予算 初の400億円超 新年度案 市の理事者査定始まる

「・地方交付税は、本年度の実質的な交付額に準じて同程度と算定した。」
合併後10年間は、旧自治体の算定基準の合算で交付される訳ですから良いですが、合併後11年からは徐々に減額され、合併15年経過後には、本来の算定基準になるわけで、正念場を迎えるわけです。

「・最終事業年度を迎える市役所新本庁舎建設をはじめ施設整備が重なり、普通建設事業費が膨らむことなどから、一般会計が初めて400億円を超える見通しだ。」
三郷総合支所は、当初計画では現施設を利活用から、合併特例債を利用して新たな箱物建設にかわり、地元は話しが違うとしたが、結局は了承に転じた。
そりゃそうだ。

旧三郷村が建設した堆肥処理施設や、三郷ベジタブルなど、赤字垂れ流し施設の尻ぬぐいをしてもらい、おまけに新しい施設も建設してもらえる。
旧三郷村や旧明科町への対応は、盗人に追銭行政だね。

元長野県職員・旧三郷村長で、安曇野市の元副市長・西○○○氏は何の責任もとらず、当時関係した村役場職員も、何のペナルティーも無く平気な顔で安曇野市職員として勤務し続けられる。
○○氏の親族は、現在も安曇野市職員として、勤務されているとのこと。
行政とは全く以て、信じられない極楽世界だ

財政再建団体には転落しなくても、それに近い状態になる可能性はある。
私は、安曇野市は財政再建団体に転落して、安曇野市職員及び安曇野市民は、数年間は地獄を味わった方が良いと考える。
そうすれば、安曇野市民は市政にもう少し関心を持つようになる。

財政再建団体
http://ja.wikipedia.org/wiki/財政再建団体




↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

市長と語る会に参加して来て

市長の考えはハード事業を主体にソフト事業は後回しにする方針を語りました。

市民が求める事はハード事業があってからこそ付いてくるものと考えているのでしょうか?

昨日はガス抜きどころか荒立ち倍増で帰宅となりました。

市長の言い分も解らなくはないけれど、ハード事業だけに片寄り過ぎてバランスが悪いと考えます。

市民の生活を後回しと言った印象を強く感じました。

ありゃ、市長と語る会ではなく横柄な役人の事務的言い分を聞かされる会や敬老会と言ったところでしょう。

市民の座る周りは沢山の害鳥に囲われ市民の方が役人に責められてる様な感覚にも陥りました。

市民の中にもサクラ的存在の人も見受けられましたし、市長と語る会とは形式張った事に過ぎないと感じました。

えー、市長と語る会に参加したんですか!?

敬老会のようでしたか。
そういうところに出て発言すると、反体制分子とみなされて顔写真撮影の上、ブラックリストに載りますよ(笑
私がブログに書いた通りで、市長と語るなんて、できなかったでしょ?
お疲れ様でしたm(_ _)m

開会して40分ちょい

長々と市長の話しを聞きそれから意見をする感じで、司会進行が急かして傍聴してても苛立ち倍増でした。

写真撮ってる職員とマイクを持ってる職員は目障りったらありゃしない。

終いには司会進行が時間が時間がと、やたらにうるさい!

私も意見したかったのですが、他の地域の者が意見したら顰蹙を買いそうだったので意見を控えました。

隣に座るオヤジの小言の煩くて座る場所を間違えてしまいましたよ。

今回参加してみて市長と語る会は、市長と語るのではなく頭ごなしに市長の言い分を聞かされる会でした!

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon