スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安曇野検定【総合編】一般の部 学習資料」つまみ読み

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-130.html

安曇野の風景安曇野の風景
安曇野市・光橋からの、安曇野パノラマ(360度)
写真をクリックすると、大きなパノラマ写真をご覧いただけます。 【3,229px * 600px :287kb】


安曇野検定【総合編】一般の部 学習資料
未来につなぐふるさと安曇野
テキストを少しずつ読んでいます。
12 観光
1)山岳観光
○日本アルプスの命名
「日本アルプス」の名称は、明治20年頃、イギリスの登山家チェンバレンによって命名されたといわれています。


チェンバレン?
私は以前、ガウランドが命名、ウエストンが広めたと習ったので、早速ググってみました。
ウィリアム・ゴーランド
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・ゴーランド

wikiには、
日本アルプスの命名
日本アルプスという名称は、現在広く使用されているが、この名称は、1881年[2]にイギリスの日本学者チェンバレンが編集した『日本についてのハンドブック』の中で、"Japanese Alps"として初めて登場した。このハンドブックのうち、信州の山岳地帯の記述を担当したのが熱心な登山家でもあったこのゴーランドである。よって、彼は日本アルプスの命名者である。その後、この名称はイギリスの宣教師ウォルター・ウェストンの著書により紹介され、世界中に広まることになる。



安曇野市政は偏差値30・中の下の、仕事真剣にやる気ない安曇野市職員が作ればこんなもんです。
無知な私でも知っている、そんな比較的常識的なことを平気で間違える。
しかも、教育委員会事務局が作成した、安曇野検定テキストをですよ。
私がちょっと読んで間違いに気づくんですから、他にもいっぱい、いい加減な事が書いて有るんだろうな。

この税金泥棒の安曇野市職員、もっと真面目にテキスト作れ!

借り物のテキスト、年内には返さないといけないので、急いでもう少し読んでまみす。

追記:教育委員会事務局は明科総合支所内
事務局は明科、事務局は明科、 事務局は明科、 事務局は明科と.....

田舎のオヤジさん、また、明科の話題になっちゃいました(笑




↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

アハハハハ(*´艸`)

勝手に歴史を変えられたら困りますよね。

語り継がれてる事実を問題にしたらやばい事ばかりですがね(*´艸`)

あんたが大将さんには教えたけれど、決して公には出来ない事もある。

現代で公になったら名誉棄損になっちゃいますから。

結局歴史を辿れば、そんな事ばかりでしょうね。

結局は当たり障りのない適当な問題でヒネリを加えて問題を出してるでしょうけど。

そして問題を作成しながら頭の中ねじくれて誤字に気付かなかったりして。

テキス、他にも?ってところが

あるような。

こういった検定に、ひねりなんて必要ないと思うんですがね。
「地域を知る目的であれば、播隆上人の泊まった岩室なんて問題として意味不明ですし、そもそもご当地検定はマニアックな部分が多いです。」
ネット上には、こんな書き込みもあるわけですから(^^;)
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon