スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃくなげ荘建設費増額

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html

9億9000万円の見込み
しゃくなげ荘建設費増額
安曇野市穂高有明の市営温泉宿泊施設・しゃくなげ荘を日帰り温浴施設に建て替える事業で、市は22日、建設費が当初見込みより2億3200万円増え、9億9000万円程度になるとの試算を公表した。
市民要望や環境保全を考慮した施設の充実や消費税率引き上げなどが理由で、市堀金総合支所で聞かれた市議会全員協議会に報告された。
温泉の余熱や廃熱を活用するヒートポンプや、市内の木材を利用する薪ボイラーの導入などで、1億2100万円の増額を見込む。
このうち6900万円程度は、国や県の補助で賄う。
当初は、施設の建設後にヒートポンプなどを追加設置する計画だったが、ヒートポンプを施設の補助的な熱源として使えば年間900万円の経費削減が見込めることなどから、設置時期を早めることにした。
このほか床暖房の範囲拡大など快適性の向上で5300万円の増加を見込む。
来年4月の消費税率の引き上げでは3000万円、東日本大震災の復興需要などで建設従事者の賃金が上昇していることの影響では2800万円程度の増額が必要だとみている。
(小坂 功)13-11-23
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている地域新聞です。

こんな記事が市民タイムスに出ていました。

安曇野市には公共の保養施設が旧町村単位で
 旧豊科町 ビレッジ安曇野 湯多里山の神
 旧穂高町 しゃくなげ荘 穂高温泉健康館
 旧三郷村 ファインビュー室山
 旧堀金村 ほりでーゆ~四季の郷
 旧明科町 長峰荘

私の知っている限りでは、上記7施設(たぶん)があります。
「しゃくなげ荘」の入浴施設は、時々利用していますが、「しゃくなげ荘」及び併設されている「健康館」は、両施設ともに老朽化が進み、特に建設時期が早い「しゃくなげ荘」は老朽化が著しく、一時は閉鎖というような話しを聞きました。
「しゃくなげ荘」を時々利用している私にとって、仮に閉鎖・取り壊しされるとすれば、それには反対でした。
しかし、日帰り温泉入浴施設として建て替えと聞いて、正直嬉しく感じています。
建設費が多少余分にかかろうが、私は問題無いと考えます。

なぜなら、旧堀金村で建設した「ほりでーゆ~四季の郷」、私に言わせれば、地元の人には悪いが単なる”スーパー銭湯”
果たして、都会からの観光客が、安曇野に求めているものは、ああいった施設なのだろうか?と。
あちこちで食材偽装が行われ、問題になっていますが、本物・偽物といった視点から見れば「ほりでーゆ~四季の郷」は偽物であり、「しゃくなげ荘」や「穂高温泉健康館」は本物。
残すべきは、名湯・中房温泉を源泉とする本物の温泉施設「しゃくなげ荘」と、私は考えるからです。

「ほりでーゆ~四季の郷」の源泉は”蝶ヶ岳温泉”とか。
こんな源泉は、1988年から1989年にかけての日本で、各市区町村に対し地域振興に使える資金として1億円をバラまいた、竹下政権下での愚策「ふるさと創生事業」の産物で、標高の高い山中にボーリングを始め、温泉がなかなか出ずに掘削深を延ばし、結局「冷泉」だか「鉱泉」を掘り当てた。
【参考:ふるさと創生事業

アホの茶坊主、一部の旧堀金村職員と、堀金村議会議員が”○口村長”号令の基、無い知恵を絞って掘り当てたのは「冷泉・鉱泉」
「冷泉・鉱泉」と呼べばそれらしく聞こえるが、要は単に水が出た。
それだけのことなんだけど、掘ったからには何かに利用しなければいけないと、温泉入浴施設建設へと事業は発展。
市町村合併がわかっていれば、絶対に建設されるはずのない豪華施設が、旧堀金村に完成したわけです。

当時、信大の教授が「温泉脈は堀金村には無い。穂高から烏川左岸を西に迂回し、岐阜県側に抜けている。」と言ったそうですが、そこまで言われても温泉試掘をした。
「バカをやるのもいい加減にしろ」だよね。
どうせ掘るなら真下に向かって掘らず、旧穂高町に向かって横穴を掘れば良かった。
そうすれば、中房温泉の泉脈のおこぼれに当たったかも知れない。
そんな程度の自称・温泉の「蝶ヶ岳温泉」
そこには建設費用に何十億もかけ、増改築にさらに何十億もかけている。

安曇野市の宮沢市長さん始め、安曇野市議会議員のみなさん、そして、カボチャ頭の安曇野市職員のみなさんは、偽物に金をかけ、本物に金を出し渋る。

こういった事は、温泉保養施設の改築に限った事ではないのです。
安曇野市行政全般で、こういったトンチンカンな事が行われている。

今秋改選された安曇野市議会議員の皆さんも、大半が与党議員の大政翼賛会。
これでは、安曇野市行政のチェック機能は期待出来ません。

全くもって、悲しい限り。



↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

ほり○ーゆ~は

なんであんなに料理がマズイの?マズイうえに最後のご飯が米処、安曇野で何で五穀米なの?

前の会社で幹事した時、恥をかきました!

個人的には下の須砂渡食堂でトリモツとラーメンの方がよっぽど御馳走です。

追加

ほり○ーゆ~の送迎バスの運転マナーも悪い!

それを注意すると責任者は逆ギレして来ました。
仕舞いにはお客様が来たから相手出来ないと、強制的に電話を切られました。

株式になってから、横柄になったと感じます。

最終的に下の者(営業○長)が謝罪に来ましたが、謝罪に来るなら文句言った本人が来い!

ほり○ーゆ~も烏○渓谷緑地も国○アルプスあ○みの公園も始末が悪い!

だから、おらとこの周りは無法者地帯なのです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon