スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽は冷たい星

今日は、太陽は冷たい星かを考えてみます

sdo/aia 304 2011-01-28ネットでいろいろ調べていく中で、「太陽は冷たい星か」といったサイトを見ました。
『太陽は冷たい星か? 表面温度が27度 NASAロケットが実証済み・・・??』




太陽の表面温度は27度!?
これを見た時、私は、そんなバカな!学校では太陽の表面温度は約6,000度、太陽の中心部は1,000,000度以上の高温で、燃えさかっている天体であると教わりました。
だから地球が明るいし、そして暖かい。

しかしです。このサイトの他いくつかのサイトを見るうちに、なるほどなと納得。
太陽は冷たい星だと思える気がするのです。

・太陽は暗くて冷たい天体、生物が住める
・太陽には大気もあり、水もある
・太陽の黒点は、太陽上にある森林が見えている
・ロンドン大のボリアンスキー教授ら研究チームにより、太陽表面から水分子が発見された
・水分があるから雲もある
・太陽からと考えられていた光や熱や熱は、地球の上空で発生する。
・太陽は黄金の国で、純度の高い金が太陽の全体に行き渡って豊富にあり、
 銀も多くあり高度な進化した人類が住んでいる
 (この部分は正直??? 太陽に金が豊富なら、なぜアヌンナキは地球に金を採掘に来た?)

http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/682.html彗星、太陽からまさかの「脱出」 NASA、映像公開(朝日)


このサイトを見ると、「太陽に接近したラブジョイ彗星は今回、太陽表面まで約14万㎞(地球と月の距離の3分の1程度)以内まで接近したと考えられている。」となっています。
太陽の直径は地球の直径1万2,700㎞の約109倍、140万㎞と巨大ですから、14万㎞まで接近したとすると相当な高温のはず。そんな超高温の中を氷の塊が通過することが、はたして可能でしょうか?
動画へのリンクはリンク切れとなっていますので、↓がYoutubeの動画リンクです。
彗星、太陽から奇跡の生還/NASAが映像公開 (Youtube)
やはり、太陽は冷たい星だったから融けずに通過できたのではないでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1227211347Yahoo!知恵袋
太陽は実は冷たい星と聞いた事がありますが、本当ですか?


http://beyond-timeandspace.at.webry.info/theme/d31e008b3b.html調査探求室
テーマ「太陽は冷たい天体」のブログ記事


以上は「太陽は冷たい」に肯定的なサイトですが、
「太陽が冷たい」という論証に対し、否定的なサイトもあります。
http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/225463383.html宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する



今日のブログの結論として私は、太陽は冷たい星でありうると考えます。
その理由としては、
 ・現在わかっている限りでは、宇宙空間は漆黒の闇です。
  太陽が明るければ、宇宙空間は明るいはずですが、明るくはありません。
 ・太陽熱は地球に輻射熱で伝わると解説されていますが、輻射熱は電磁波
  絶対零度で無い限り、熱くなくても電磁波はでます。
 ・現代科学では灼熱の星とされる水星に、NASAにより有機物と氷の塊が発見されている。
 ・水星観測にいった探査機が熱で故障していない。

不足があったら追記していきますが、このブログを読んでくださった方は、どうお考えですか?

太陽は核融合を起こし、高温で燃えさかっているんだと思う人も、
太陽は冷たいなんて絶対ありえないっていうんじゃなく、もしかしたらあり得るかもって、そんな柔軟な心でお読みいただければ幸いです。

>まず最初に、頭の中でイメージしてみてください。
夜、自宅で一カ所だけ電気を点けてみます。
その光源から離れれば離れるほど、自分の周囲の空間は暗くなっていきます。
そして今度は、引き返して光源に近づいていくと空間は明るくなっていきます。
間違いありませんね?

では、核融合で燃えている太陽によってこの地球に『昼』の明るさがもたらされているのなら、少なくとも太陽から地球までの距離を半径とする宇宙空間は昼と同等の明るさでなくてはなりません。
そして、太陽に近づけば近づくほど明るさは増していくはずです。
現実はどうでしょうか?
太陽と地球の間に広がる宇宙空間は暗黒です。

地球より手前にある空間が『暗黒』なのに(光量が少ないのに)、地球には『昼』がある(光量が多い)のです。

おかしいとは思いませんか?

この主張が正しいか否かはひとまず置いておきましょう。
重要なのは、太陽と地球の間の宇宙空間が暗黒であることを、科学よりオカルトのほうが説得力をもっている点です。
光と熱が、実際は地球の大気圏内で発生している(地球と月の間も暗黒なのだから、『昼』をもたらすほどの光源は少なくともこの距離よりはるか手前に存在している事になる)としたら宇宙が暗黒であることを説明できるのです。
どうやらオカルトの中には、わずかながら今以上の科学が紛れ込んでいる可能性がありそうです。
オカルトの全てをニセ科学と決めつけない方が良いと思います。
認めたくはない気持ちはわかりますが・・・。

確かに...
私はこの意見に賛成です。

太陽には神々が住んでいる。
エジプトの歴代のファラオは、神となって太陽と地球の間を往復している。
これが、単なる神話ではなく本当だったら......

また、エジプトに行きたくなりました。


【参考リンク】
AFP/NASA EARTH OBSERVATORY
The Voice of Russia

コメントの投稿

非公開コメント

ww

バカはバカを引き寄せるw
賢いフリしてるバカって病気だからねw
プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon