スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現職は「白紙」古幡氏「挑戦」

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html

市長選まで半年
安曇野市長選挙(9月29日告示、10月6日投開票)の告示が、半年後に迫った。現職の宮沢宗弘氏(73)=豊科町高家=が再選に向けた態度を「全くの白紙」としている一方で、3月末で市教育委員長を退任する古幡開太郎氏(61)=穂高牧=は、正式な出馬表明こそしていないものの、公の場で出馬の意欲を語っている。ほかに動きは見当たらず、「宮沢氏と古幡氏の一騎打ちになるのでは」との観測も出始めた(小坂 功)
平成25年(2013年)3月26日火曜日
市民タイムスは、長野県中信地区で一番愛読されている地域新聞です。

古幡開太郎氏古幡開太郎氏
候補擁立 他の動き見えず

再び市民タイムスの市長選記事です。

現職との一騎打ちになれば現職有利
現職は、出馬の意志ががあれば、最後の最後まで態度を表明しない。
仮に無くても、その意志を表明してしまえば、職員は市長の方は向かなくなり統制が難しくなる。
だから、後継指名をする場合を除き、そんなに早く不出馬表明はしないでしょう。

前回の争点には安曇野市新市庁舎建設がありましたが、今回の争点は何になるのでしょう。

無投票にはなるわけないが、一騎打ちだと盛り上がりに欠ける。
旧穂高町の住民は、旧豊科町に新市庁舎が建設されることになったので、穂高の地盤沈下は必至。
古幡氏が仮に当選しても、再浮上は難しい。

続報が楽しみです。



↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon