第三次世界大戦

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html


こう書けば、何をバカなことをと、
しかし、以前のブログに書きましたが、人間の歴史は殺し合いの歴史です。


第二次世界大戦ではヒトラーがユダヤ人を迫害しました。
しかし、金融を始め現在世界を動かしているのはユダヤ人。
第二次世界大戦中も、ユダヤ人が陰で戦争を操っていたわけですから、ヒトラーには端から勝算はなかったわけですが...
報道頻度は少ないですが、中国による民族弾圧も続いています。

11月05日に、ファティマについて書きました。
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-147.html

ファティマの奇跡・予言
【第一の予言】
死後の地獄の実在:多くの人々が罪な生活、傾向によって、死後地獄へ導かれている。肉欲や傲慢など現世的な罪から回心しないままでいることにより、人は死後、永遠の地獄へと行く。具体的に、聖母はこの少女ら3人に7月13日、地獄のビジョンを見せ、彼らはそのあまりの光景に戦慄した。地獄は神話ではなく実在し、そこは全ての人が死後行く可能性のあるところで、入ったが最後、二度と出ることはできない。
【第二の予言】
大戦争の終焉と勃発:第一次世界大戦は、まもなく終わること。しかし人々が生活を改め罪を悔い改めないなら、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死に、そしてその多くが地獄に落ちてしまうこと。その前兆(次の戦争)として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう、ということ。(1938年巨大なオーロラがヨーロッパに観測され、その直後、第二次世界大戦が勃発した。)
【第三の予言】
秘密:聖母マリアは、1960年になったら公開するように、それまでは秘密に、とルシアに厳命した。その内容は「ファティマ第三の秘密」と呼ばれ、ルシアを通じて教皇庁に伝えられたが、1960年が過ぎても教皇庁は公開せず、2000年になってから発表に踏み切った。それは教皇庁によると、教皇暗殺の危機だとされる。1981年5月13日(なおこの日は、後述するファティマの出現の記念日(1967年5月13日制定)だった。)の事件をヨハネ・パウロ2世は、東欧の政権による暗殺未遂と発表している。ただし、中には後述する理由により、これに疑問を投げる向きもある。

第三の予言について教皇庁は、本来は1960年に公開されるべき予言を公開せず、秘密にしてきました。
予言の内容を知った教皇は、
『また、60年代になってこの記録を閲覧したローマ教皇ヨハネ23世はその内容に絶句し、再度封印してしまい、続いて次代の教皇パウロ6世も再度封印を解いたが、そのあまりの内容に、数日の間、人事不省になったという。』と、教皇が卒倒してしまうほどの内容のはずなのに、実際発表された内容は『教皇の暗殺未遂だった』って、こんな予言で絶句したり、卒倒したりしますか?
第一、第二の予言に比べ、矮小すぎませんか?って、発表された内容に多くの人が疑問を投げかけているわけです。

私は、第三の預言は神と悪魔の「最終戦争」についての預言だと考えています。
こう書くと、私は「エホバ」だと思われる方もいるかも知れません。
が、違います。
エホバは、「地獄」の存在を否定していますが、私は否定はしません。

ファティマの聖母-wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファティマの聖母

聖母マリアは宇宙人だった? ファティマの予言・第3のメッセージ
http://happism.cyzowoman.com/2012/10/post_1332.html

Is God an Ancient Astronaut
Is God an Ancient Astronaut
Ancient Astronaut Theory
Ancient Astronaut Theory
1917年に出現した聖母は宇宙人だったと言うのが真実だと思います。
こう言うと、オカルト、トンデモと嘲笑されるでしょう。

しかし、オカルトと言われる中にも、わずかながらの真実が含まれている。
それを現代人は、「科学では説明がつかないから」と相手にしない。

また、そういったことを利用して、巧妙に人心をたぶらかす人がいる。
日本では、天理教、創価学会、幸福の科学などで、大川隆法氏が「守護霊が」なんていって説法するからおかしくなる。
人の心の弱みにつけ込んで、金儲けをする輩がいるからなおさら信用されなくなる。






地球誕生から 4,500,000,000年といわれています。 
しかし、別のところで地球のような星が、誕生してから 4,501,000,000年 の星だって、広大な宇宙にはあるはずです。
文明が、百万年違ったとしたらどうでしょう?

現在の人間は、わかっている範囲ではたかだか数千年から数万年です。

聖書には、大洪水により、ノアの方舟で漂流した生物以外は滅ぼされたと書かれています。
そして、最終戦争が預言されています。

最終戦争は、私が生きている間のような短いスパンで起こるのか、今後数百年~数千年のスパンで起こるのかはわかりませんが、必ず起こりうることなのではないでしょうか。


古代宇宙飛行士説
http://ja.wikipedia.org/wiki/古代宇宙飛行士説

ロシアやアメリカの大統領も、宇宙人の存在を公式に認めています。
人間を創造したのは神(宇宙人)であり、文明も神(宇宙人)から与えられたもの。
このブログの読者の皆様、天動説から地動説へ、そろそろ頭を切り換えても良いのかも知れません。笑


はてなブックマークhttp://b.hatena.ne.jp/creative_suite/


↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング

十二支の中に、空想の生き物とされる龍がなぜいるのか?

安曇野市政ウオッチ安曇野市政に関心があり、
このブログにおいでになった方へ
安曇野市政ウオッチカテゴリーはこちら

安曇野市政ウオッチカテゴリーで、たくさん拍手をいただけた記事はこちら!
http://azuminodiary.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html


十二支の龍は、空想の生き物ではなかった。

【龍】伝説の生き物・龍は瑞祥と言われ、
古来中国では、権力者の象徴として、扱われました。


神武天皇は龍から生まれた神武天皇は龍から生まれた
神国日本が龍神によって創られ、
長い間龍神の加護と指導の下にあったことは、
古事記や日本書紀にその片鱗が記されています。



先代旧事本紀大成経
『先代旧事本紀大成経』(さきつみよの ふることの もとつふみ おおいなるおしえ)
(せんだいくじほんきたいせいきょう)
に書かれている、天皇の身体的特徴

神武天皇以降、代々の天皇の姿についてです。

『神武天皇』
背の高さは約3m15cm、
胴回りは両手を伸ばして一抱えした長さに約15cmほど足した長さ。
頭には9cmほどの角が2本あり、雪のような色をしている。
背中には龍のような背びれがあり、長さは約1m20cm。
尾の裏側には大きなウロコが72枚。
105歳の時に皇太子の位に就かれた。

『すい靖天皇』
身長3m、目は金色に光りまるで水晶のような輝きを放っている。
背中にウロコがあり、怒られた時は逆立つ。

『孝霊天皇』
お顔が長く龍のようだが決して醜くはない。
耳は逆立ち、耳の後ろには白いウロコがある。
胸にも9枚のウロコがあり、9つの隙間から気を放っている。.....

と、続きます。
龍のようですね
龍というより人っぽく、ビジターに登場した宇宙人のよう。

日本や中国などは、龍神族の宇宙人を神として崇め、
龍神天皇の指導の下に、生活していたのではないでしょうか。

龍神族は、シュメール文明の遺跡の中にも描かれています。

竹内文書では、
http://ja.wikipedia.org/wiki/竹内文書
「上古初代一世天皇(神武天皇よりはるか昔)は、天浮舟(アマノウキフネ)”で降臨し」
となっています。

どうも、古代の天皇は、UFOに乗って地球にやって来た宇宙人だったようです。
地球の歴史は、現代の人間の知らない時代の方が遙かに長い。

旧約聖書、新約聖書もつまみ読みしてみました。
最初は、意味も良くわかりませんでした。
大洪水? ノアの方舟? んなバカな! 単なる神話だよ、神話!
そんな程度でした。

しかし、↓のWebサイトなどを見るうちに、
「科学の説明が聖書に近づいた」
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/kagaku01.htm
人間は、ダーウィンの進化論のように、猿から進化したものではなく、
最初から人として創られた。

そういった考えが正しいのではないかと、思うようになりました。

自分が生きている間に、人がどこから来たのか知りたい。
二十代の頃に目撃した、多分UFOであろう飛行物体を、もう一度見てみたい。

でも、無理だろうな。
神の一日は、人間の1,000年に相当するとか。
神が、「明日起こる」と言われる事柄は1,000年後
人間にはとうてい理解できない、宇宙の時間と法則

今日は息抜きで、そんなお話しでした。


↓ 安曇野市政に関心を持とう! ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくです!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へにほんブログ村ブログランキング


太陽は冷たい星

今日は、太陽は冷たい星かを考えてみます

sdo/aia 304 2011-01-28ネットでいろいろ調べていく中で、「太陽は冷たい星か」といったサイトを見ました。
『太陽は冷たい星か? 表面温度が27度 NASAロケットが実証済み・・・??』




太陽の表面温度は27度!?
これを見た時、私は、そんなバカな!学校では太陽の表面温度は約6,000度、太陽の中心部は1,000,000度以上の高温で、燃えさかっている天体であると教わりました。
だから地球が明るいし、そして暖かい。

しかしです。このサイトの他いくつかのサイトを見るうちに、なるほどなと納得。
太陽は冷たい星だと思える気がするのです。

・太陽は暗くて冷たい天体、生物が住める
・太陽には大気もあり、水もある
・太陽の黒点は、太陽上にある森林が見えている
・ロンドン大のボリアンスキー教授ら研究チームにより、太陽表面から水分子が発見された
・水分があるから雲もある
・太陽からと考えられていた光や熱や熱は、地球の上空で発生する。
・太陽は黄金の国で、純度の高い金が太陽の全体に行き渡って豊富にあり、
 銀も多くあり高度な進化した人類が住んでいる
 (この部分は正直??? 太陽に金が豊富なら、なぜアヌンナキは地球に金を採掘に来た?)

http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/682.html彗星、太陽からまさかの「脱出」 NASA、映像公開(朝日)


このサイトを見ると、「太陽に接近したラブジョイ彗星は今回、太陽表面まで約14万㎞(地球と月の距離の3分の1程度)以内まで接近したと考えられている。」となっています。
太陽の直径は地球の直径1万2,700㎞の約109倍、140万㎞と巨大ですから、14万㎞まで接近したとすると相当な高温のはず。そんな超高温の中を氷の塊が通過することが、はたして可能でしょうか?
動画へのリンクはリンク切れとなっていますので、↓がYoutubeの動画リンクです。
彗星、太陽から奇跡の生還/NASAが映像公開 (Youtube)
やはり、太陽は冷たい星だったから融けずに通過できたのではないでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1227211347Yahoo!知恵袋
太陽は実は冷たい星と聞いた事がありますが、本当ですか?


http://beyond-timeandspace.at.webry.info/theme/d31e008b3b.html調査探求室
テーマ「太陽は冷たい天体」のブログ記事


以上は「太陽は冷たい」に肯定的なサイトですが、
「太陽が冷たい」という論証に対し、否定的なサイトもあります。
http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/225463383.html宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を暴き、真相を解明する



今日のブログの結論として私は、太陽は冷たい星でありうると考えます。
その理由としては、
 ・現在わかっている限りでは、宇宙空間は漆黒の闇です。
  太陽が明るければ、宇宙空間は明るいはずですが、明るくはありません。
 ・太陽熱は地球に輻射熱で伝わると解説されていますが、輻射熱は電磁波
  絶対零度で無い限り、熱くなくても電磁波はでます。
 ・現代科学では灼熱の星とされる水星に、NASAにより有機物と氷の塊が発見されている。
 ・水星観測にいった探査機が熱で故障していない。

不足があったら追記していきますが、このブログを読んでくださった方は、どうお考えですか?

太陽は核融合を起こし、高温で燃えさかっているんだと思う人も、
太陽は冷たいなんて絶対ありえないっていうんじゃなく、もしかしたらあり得るかもって、そんな柔軟な心でお読みいただければ幸いです。

>まず最初に、頭の中でイメージしてみてください。
夜、自宅で一カ所だけ電気を点けてみます。
その光源から離れれば離れるほど、自分の周囲の空間は暗くなっていきます。
そして今度は、引き返して光源に近づいていくと空間は明るくなっていきます。
間違いありませんね?

では、核融合で燃えている太陽によってこの地球に『昼』の明るさがもたらされているのなら、少なくとも太陽から地球までの距離を半径とする宇宙空間は昼と同等の明るさでなくてはなりません。
そして、太陽に近づけば近づくほど明るさは増していくはずです。
現実はどうでしょうか?
太陽と地球の間に広がる宇宙空間は暗黒です。

地球より手前にある空間が『暗黒』なのに(光量が少ないのに)、地球には『昼』がある(光量が多い)のです。

おかしいとは思いませんか?

この主張が正しいか否かはひとまず置いておきましょう。
重要なのは、太陽と地球の間の宇宙空間が暗黒であることを、科学よりオカルトのほうが説得力をもっている点です。
光と熱が、実際は地球の大気圏内で発生している(地球と月の間も暗黒なのだから、『昼』をもたらすほどの光源は少なくともこの距離よりはるか手前に存在している事になる)としたら宇宙が暗黒であることを説明できるのです。
どうやらオカルトの中には、わずかながら今以上の科学が紛れ込んでいる可能性がありそうです。
オカルトの全てをニセ科学と決めつけない方が良いと思います。
認めたくはない気持ちはわかりますが・・・。

確かに...
私はこの意見に賛成です。

太陽には神々が住んでいる。
エジプトの歴代のファラオは、神となって太陽と地球の間を往復している。
これが、単なる神話ではなく本当だったら......

また、エジプトに行きたくなりました。


【参考リンク】
AFP/NASA EARTH OBSERVATORY
The Voice of Russia

「宇宙人は存在する」=ロシア首相が発言、ネットで物議

ロシア首相「宇宙人は存在する。既にUFOが地球にやってきた」

ロシア メドベージェフ首相ロシアのメドベージェフ首相(前大統領)の「国家機密漏えい」がインターネット上で物議を醸している。首相は今月7日のテレビ5局の共同インタビューの直後、大統領が引き継ぐ「宇宙人ファイル」が存在すると暴露。ソ連時代からの軍事・宇宙大国のトップ経験者だけに、ジョークとは簡単に切り捨てられないようだ。
テレビキャスターの個別懇談に応じた首相は「あなたに初めて明かす」と前置きした上で、「大統領交代時、核のボタンと一緒に『極秘』ファイルが渡される」と発言。「地球に来た宇宙人に関する資料で、専門の特殊部隊が作成したもの」と真顔で話した。
さらに「これ以上明かすと危険が及ぶので、詳しくは(米SF映画)『メン・イン・ブラック』を見てほしい」と話すと、キャスターはこらえていたが、笑いが周囲から漏れた。主要メディアは報道を見送ったものの、映像は動画サイトに転載された。
(2012/12/18-06:41)

私は自分でUFOを見た経験もあることから、宇宙人の存在は以前から信じていました。
ただ、見たことがない人が殆どなので、そんなバカなと思う人が大半でしょう。

しかし、1947年のロズウェルUFO事件のように、
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロズウェル事件
いったんはUFO墜落を認めながら、UFOではなかったと撤回するような事件が世界各地で発生しています。
アメリカはいまだにUFOや宇宙人を否定していますが、ロシアの首相がUFOや異星人の存在を認めたという事は、今後、UFOや宇宙人からの、何からの影響がある可能性がある事を示唆しているのかも知れません。

別の機会に詳しくお話ししようと思いますが、アメリカがアポロ計画でアポロ11号から17号で月着陸をしましたが、その後は月には全く行っていません。
なぜ行かないかという理由で一番多いのは、多額の費用がかかるのにそれだけのメリットがないとか、いや、最初から人類は月面には降り立っていないんだから、とかって説が大半を占めていますが、真実ははたしてそうでしょうか?
ケネディー大統領暗殺の一因に、UFOや宇宙人の情報を世間に公表しようとしたからだといった事も上げられていますが、私はこの話しには信憑性があり、アポロ計画以後、月に行かなくなった理由ではないかと考えています。

「NASAは宇宙人と接触している事実を60年間隠してきた」 アポロ14号の宇宙飛行士が衝撃の告白!
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1037471/Apollo-14-astronaut-claims-aliens-HAVE-contact--covered-60-years.html

【アポロ計画の謎】で検索するといろいろな情報が得られますが、その中に、
※引用
------------------------------------------------------
初めて月の裏側に行ったのがアポロ8号だったのですが、
その時のパイロットの一人、「ジム・ラヴェル」が言ってはいけない一言をいってしまいました。
それは、「聞いてくれ、サンタクロースがいたんだ!」と管制室に対しいった言葉です。
これはNASA(米国航空宇宙局)の公式の通信記録として残されています。
サンタクロースとは、NASAの暗号で『未確認生物や未確認飛行物体』のことです。
------------------------------------------------------

と、あるように、一部の世界の人にはUFOや宇宙人は、人間と接するのと同じレベルで、生活している人が地球上にいることは事実なのです。

※引用
------------------------------------------------------
米国では当時から、民間機や空軍機のパイロットが、よくUFOを目撃していました。
しかし、彼らはそのことを公には言えませんでした。
なぜなら、それを言えば『頭がおかしくなった』ということにされ、パイロットの免許を剥奪されるからです。
今でもUFOの目撃者は多く存在しますが、目撃談を語るのは元パイロットであり、決して現役パイロットではありません。
現役パイロットは決して口外はできないのです。

では、サンタクロース発言をしたアポロ8号のパイロットは、
その後どうなったかご存じでしょうか?
実はアポロ13号の船長に任命されました。
そして、アポロ13号の運命がどうなったか?
1970年4月11日、米中部時間13時13分に、13号は打ち上げられました。
その2日後、アポロ13号は、宇宙空間で電線がショート、機械船の酸素タンクが爆発。
宇宙飛行士たちは深刻な電力と水不足に見舞われました。
司令船には独自のバッテリーと酸素が搭載されていましが、それらは大気圏再突入の際に必要なもので使用することができませんでした。
そのため、彼らは着陸船を使用し、電力を限界まで抑え、飲料水の摂取も極力控えることにより、無事に地球上へ帰還できたのです。

この危機への対応が正しかったことにより、
13号は『成功した失敗』などと称されていますが、
実をいうと、意図的に失敗するように仕組まれていたのが真相なのです。
------------------------------------------------------

日本人パイロットの多くも、未確認飛行物体は頻繁に目撃しているようです。
この全てが真実かはわかりませんが、裏の世界ではこれが当たり前なのです。

月着陸映像は、私も捏造の可能性が高いと感じますが、
光波測距用の反射鏡などを設置していますから、人類が月に降り立っていることに間違いはないと思います。
では、なぜ捏造の映像を見せる必要があったのか?
それは、一般の人間には見られては困る物が写る可能性が高い事を、NASAは知っていたからでしょう。
では、見られては困る物は何か。
それはUFOや月の裏側にあるとされる都市など、異星人の存在を示すもの全て。
それを隠すために、スタジオ撮影された映像を放送することとなったのでしょう。

えっ、なぜ見られちゃ困るかですって?
人類創造者が、神ではなく宇宙人だったって事がばれちゃうからです。(W



プロフィール

あんたが大将

Author:あんたが大将
安曇野から、趣味のこと、興味のあること、その他色々書き込んで行こうと思います。
読んで楽しい、見て楽しい、そんなブログを目指します!(^^)/
但し、Blogネタにされた場合、大半の方は不快感が伴います。
(実際には毒舌ブログ)

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon